• 2009-04-29 :

ハンドメイド

 珈琲が大好きな私は、昔はペーパー・ドリップで入れていました。
でも最近は量を飲む事から、コーヒー・メーカーを使っています。
同じ様に見えても、機械によって全く味が変わってしまいますね。

 このコーヒー・メーカーは、ヨーロッパでヨーロッパコーヒーブリューイング(抽出)センター(ECBC)が定めた以下の基準をクリアした製品です。

1)コーヒー豆と水の接触時間が約4分~6分であること。
2)抽出時間の温度が約92℃~96℃であること。
3)コーヒー豆に均等に熱湯が降り注ぐこと。
4)保温時のヒータープレート温度は約80℃~85℃であること。

 う~ん、これだけこだわると、美味しいかもしれないですね。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

特別限定◎【第5弾】3冠達成!驚愕の珈琲豆福袋セット[春HE]/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店

トラックバック失礼します^^珈琲豆を色々紹介しています。遊びに来てください!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry