本物の持つオーラ

 古来より菌や銀やプラチナなどと云う希少金属は珍重されて来ました。
技術の発達により、合金やメッキなどで殆ど同じ様な色と質感のものは作る事が出来る様になりましたが、やはり本物の持つ迫力とオーラは真似する事が出来ません。
人がどんなに着飾って気取っても、育ちや家柄や普段の生活は誤魔化せないのと同じですね。

 この純金の色はやはり素晴しいですね。
本物だけが持つ鈍い光と質感。
実際に使うとなると勇気が必要でしょうが、飾りとしても美しいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry