先祖に思いを寄せて

 テレビ朝日でやっていた豊臣秀吉の物語がが終りました。
秀吉公の出世を描いた話ですが、特徴的なエピソードは欠かさず、然しあくまでもスッキリと描いた所は好感が持てました。

 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と続いた日本の改革の時代、やはりドラマや映画にすると面白く、引き込まれます。
色々な解釈で、それぞれ違う描き方をしているのが、歴史を題材としたフィクションであり、それがまた面白く感じています。

 そう云う目で見ていると、自分の先祖に思いを馳せました。
今日の逸品はそう云うものです。
この丸に十の紋が駆け回った時代、したたかに生き抜いた時代、遠く過去を見ていると、改めて自分の姿を振り返る気持ちになります。
子孫として相応しいか、先祖の思いを遂げているか、先祖の光をちゃんと受け継いでいるか、と。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry