グランドフロンティア エンジン



悠久のフロンティアシリーズを代表する最上級グレード【グランド・フロンティア】。

グランドフロンティアはエンジンの高性能化や使用燃料の変化に対応すべくエンジン・デジポットの抑制
スラッジ防止性や動弁慶の摩擦耗性向上の要求に応え、金属面の摩擦抵抗とオイルの粘性抵抗を減らし、
低回転~高回転までどんな回転域でも抜群のレスポンスを可能にし、力強いスムーズな走りを約束した
超高性能タイプの先進派エンジン強化剤です。

フロンティア独自のフッ素樹脂(PTFE)とファインセラミック(BN)の超微粒子を極限までに追及した
コンパウンド(フロンティアセフロン)することにより、新次元のエンジン潤滑効果を実現,さらに新開発の
オイル(フロンティアベース)効果がプラス、摩耗損失を1/2に低減させているのです。
すなわち一般的には金属しゅう動面(摩擦面)では、粘度を下げていくと流体潤滑領域内であれば摩擦損失が
減少する。しかし境界潤滑領域に入ると、粘度の減少が逆に摩擦損失を大きくします。フロンティアベースは
オイル抵抗を減らすために完成オイルより、はるかに低粘度でありながら油膜ぎれを起こさず、金属面に吸着
膜を生成し、油温を低下させるため油温安定性。発砲抑制力、減摩性、高粘度指数維持等に優れた効果を長期
間保ち、シリンダーやピストン系を主体とした油膜に対する流体潤滑領域で摩擦損失の低減に抜群の効果を発揮
します。またエンジン始やバルブ系のような金属接触が生じる混合潤滑領域では金属面の凹部に定着、摩擦面を
平滑びしたセフロン効果と相俟って摩擦損失を大きく低減させ飛躍的な燃焼効率のアップ、レスポンスのいい
エンジン回転を実現します。

フロンティア独自のミクロのPTFE(フッ素樹脂)効果に加え、ベースオイルの特性を大きく進化させ、
金属面の摩擦係数を従来比約40%ダウンを実現。
画期的な潤滑効率アップでドライブフィールを大きく進化させます。エンジン性能を大きくアップ。
始動性、加速性、ノイズ、燃費等すべての特性面においてレベルアップを実現。


■定着原理■

1,固体潤滑剤の成分
ファインセラミック(ポロンナイトライド・・BN)とフッ素樹脂(ポリテトラフルオロエチレン・・PTFE)の2種類です。

2,BNの粒子サイズは従来のものにくらべ極度に小さく,0.2ミクロンに達しています。

3,金属面微細凹部への充填と固着性は抜群で、BNの連続膜の形成能、高荷重性能、耐熱性能という3大特長にPTFEの
 極低摩擦性、親和性という大きな特長に加え、この種の潤滑剤に要求される条件をフルに満たしたパーフェクトプロダクト
といえます。
 BN粒子はフレーク(鱗片状)、PTFEは球状バインダーの役目を果たします。これがすぐれたセフロン膜を形成する要因
となります。

4,分散性は極めて高く、粒子は永久に浮遊しています。またどんなオイルにも適合するので効果ははやくあらわれ、長く持続
します。


○効果○
●摩擦抵抗によるロス解消により、燃費向上、トルクアップ、パワーアップ、レスポンスアップ、始動性向上

●摩擦熱の低減により、オイルの劣化防止、オーバーヒート防止、メカニカルノイズの低下

●優れた洗浄分散作用により、カムシャフト、バルブ、ピストン、シリンダー等に付着した カーボン、スラッジを除去
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry