バットマン(1989)  スタジオスケールプロップレプリカ バットウイング



1989年ティムバートン監督、マイケルキートン主演で初めて映画化された「バットマン」は、コメディー映画で人気のあったマイケルキートンというキャスティングもあり、大いにヒットした。脇を固めるジョーカー役のジャックニコルソンや往年の名優ジャクパランス、主役のお相手は当時美人女優として売れっ子のキムベイシンガーと当時の映画ファンには堪えられない配役だった。監督のティムバートンもそのシュールな色彩感覚を遺憾なく発揮、ジョーカーの衣装やメークなどは当時の語り草となっている。

映画の後半部分に登場するバットウィングは、こうもり型のウィングが特徴で、劇中満月を背に反転する勇姿はファンの記憶に深く刻まれている。

同商品は、バットモービル同様オリジナルモールドを復刻させたプロップレプリカで、一部モールドに傷みがあったものの、オリジナルプロップが存在したことで、新たに足りない部分は作り直すことができ、ほぼオリジナルに忠実なビークルとなった。バットウィングは塗装もマット仕上げとなっておりバットモービルとは好対照の仕上がりとなっている。オリジナルプロップには失われている底部翼も再現し、さらに壁掛けにもテーブルトップにも、対応できるディスプレイ仕様を採用している。オリジナルにあるバットマンのフィギュアこそ付属できないが、十分に映画を想起させる商品となっている。

1)台座のバットマークは取り外し可能(壁掛けで飾る際に、マークとバットウイングの方向を合わす事が可能)
2)ライトアップする翼灯、底部灯そしてコックピット
3)世界限定 300個
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry