草薙之剣



草薙の剣(くさなぎのつるぎ)とは?・・・

元々は出雲国でスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治した際、8本目の尾から出現したのが

天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)で、これが天照大神(あまてらすのおおみかみ)に献上され、

その後伊勢神宮に祀られていましたが、東国制圧に向かう途中の日本武尊(やまとたけるのみこと)の

手に渡り、駿河国で野火の難をこの剣で薙ぎ払い、「草薙の剣」という別名が与えられたというのが

有力な説です。現在は熱田神宮の御神体になっています。

スポンサーサイト
  • 2016-05-07 :

富士山グラス ロックグラス



日本の誇りである世界遺産の富士山・・・。
ひとつひとつ手から手へと吹き上げられた江戸硝子の底には富士山が入っていて、砂彫りで山頂の雪が表現されています。
田島硝子株式会社は1956年(昭和31年)に田嶌松太郎氏が東京都江東区に硝子食器製造工場として創業した。1962年(昭和37年)に現在の江戸川区松江に自社工場を設立し、業務用のタンブラーやワイングラス等を作り始めて以降、半世紀にわたり時代に合ったガラス製品を一つ一つ熟練した職人の手づくりで丁寧につくり続けている老舗の江戸切子メーカーです。代々長年培われてきた製品開発力や技術力を礎に、 日本の手づくりガラスの魅力と文化を未来に継承されています。
デザイナーや他工房への硝子生地の供給も含め、様々なものづくりに貢献しており、第三回東京都チャレンジ大賞も受賞しました。
硝子素材を熟知した伝統職人ならではの技をどうぞお楽しみください。
おみやげグランプリ2015 最優秀賞・観光庁長官賞 受賞商品。
本商品は、「国土交通省観光庁後援」のおみやげグランプリ2015にてグッズ・ノベルティ部門でグランプリを獲得し、応募総数478賞品全商品の中での大賞である「観光庁長官賞」も受賞しました。

ガラス職人の伝統の技が冴える伝統技法にて世界遺産の富士山をグラスの底に入れました。

ウィスキー、カンパリ、ブランデー、カルーア、抹茶etc。グラスに入れる飲み物によって色の違う富士山をお楽しみいただけます。光と影で彩りを変えていくグラスの中に現れる富士山をご堪能いただき、ゆるやかな時間をお過ごし下さい。
プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry