少しお休みします

 明日24日(月)より9月2日(水)まで出張の為、記事の書き込みをお休みします。
戻り次第、記事を書きますので、どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

子供専用

 このカメラ、デジタルカメラですが、子供専用です。
乱暴に扱っても壊れない頑丈さと水深1mまで使える防水。
130万画素の画質は、子供にはちょうど良いかもしれないですね。


最新のテクノロジー

 アタッシュケースって、何だか格好良く思えて昔憧れた事があります。
今はジュラルミンやアルミ、その他の素材でも沢山出ていますね。

 そんな中でこのアタッシュは、最新のテクノロジーが凝縮されたものです。
ドライカーボンと云う、F-1等でも使われているものが外装されています。
最新技術の粋を集めたこのケース、魅力的ですね。


R2-D2 が働きます

 R2-D2と云えば、3Dの映像をプロジェクションして映し出すシーんがありましたね。
あのシーんが甦ります。
プロジェクター機能、それ以外にもTVゲームやiPodビデオ、USB、VCD、PC等にも対応しており、DVDプレーヤーも内蔵しています。
最大80インチまでの大画面を映し出す事が出来ます。
また嬉しいのは、リモコンがファルコン型である事。
プロジェクター機能だけではなく、サウンド・アクション・ギミックもついています。
これは、もう本物のR2-D2の様ですね。


R2-D2

 Star Wars の映画自体は、物凄く面白とは思いません。
私はトレッキーで、STARTREK派ですから、Star Wars の方はエンターテイメントとしての面白さはありますが、スペースオペラをうたっている様に、舞台を見ている様な感じがあります。

 が、そこにで出て来たR2-D2等のロボットのキャラクターはとても面白く感じました。
機械でありながら人間的でユーモアがあって良いですね。

 そのR2-D2がウェブカメラとなって甦ります。
R2-D2が捉えた映像をワイヤレスでPCに送り、ライトセーバーの形をしたスカイプフォンで話が出来ます。
サウンド・ギミックも搭載されていて、使えて遊べるR2-D2です。


ベルボン

 ベルボンの三脚は私も使っていますが、軽くて頑丈で、とっても便利です。
脚もレバー式ですし、脚が大きく開いてかなりの低さまで安定してカメラを固定する事が出来ます。
マクロ用としては、こう云うのは嬉しいですね。

 この三脚も最低220mmまで下げる事が出来ます。
脚は3段で、最高560mmまで。


接写、マクロ用

 最低高136mmから最高477mmの小さな三脚です。
こう見えても脚は5段。
雲台は自由式で、ちゃんとエレベーターもついています。
これだけガッチリしていると、マクロや接写の時に安心ですね。


似ていますが

 前回の三脚に似ていますが、これは足が一段伸ばせます。
折畳みで、前回のものよりは少し弱い感じがしますが、このシンプルさが良いですね。


小さくても頼りになる奴

 写真を撮っていると、ちょっとした時に三脚が欲しい時があります。
でも、大きな物は重いですし、昔から写真は一に体力、二に我慢、三四がなくって五にセンスと云いますが、そうそういつもいつも持ち歩くと云う訳にも行きませんね。
また、小さい物は軽いですが、その代わりにフニャフニャしていて、安定感がない。

 この三脚は折畳式で、足は伸びません。
が、とっもガッチリしていて、また軽い。
ポケットに入れて持ち歩ける様な、小さくて軽くて頼りになる奴です。
こう云う物、一つあっても良いですね。


1,000枚

 このカメラはカシオのEX-H10と云うコンパクト・デジカメです。
このカメラの特徴は、何と云っても広角24mmですね。
デジカメでこの広角はありません。
また、一回の充電で1,000枚の写真が撮れるタフなバッテリー。

 連写やその他の機能もありますが、そう云う面では他のカメラの方が優れていたりします。
が、広角とバッテリー、そして動画も綺麗と云う事で、私も買いました。
まだまだテスト中ですが、このカメラで撮った写真、何れお見せ出来ると思います。


スイス

 スイスは私の第二の故郷と思っている国です。
高校生の時に暫くいたGstaad、そして首都Bernは思い出深いですね。

 以前にも紹介しましたが、再掲載です。
このバックパックを買いました。
PC対応で、とっても便利に作られています。
それこそ、ポケットだらけで頑丈で、持ち易い。
さすがスイス製ですね。


ミドリカエル

 雨が降った後に、木の葉っぱに時々とまっているミドリカエル、最近はあまり見かけなくなりましたね。
小さくて、とっても可愛い、可憐なカエルです。
あんな小さな生き物が、ちゃんと生きている事に感動します。

 このカエルは、ソーラーでピョンピョンと跳ねます。
キットですが、こう云うものを通じて子供達がソーラーや自然の命と云うものに興味を持ってくれたら良いですね。


夏にミスト

 夏と云っても今年は少し涼しい様な気がしますが、蒸し暑さは凄いですね。
カンカン照りの太陽はなくても熱中症にはなります。
気をつけましょう。

 暑さ対策は、まず身体を冷やす事です。
このボトルは、圧力式でミストが出ます。
電池不要、ガス不要の、手動式ポンプで内部の圧力を高めて、ミストを出させます。
ミストを身体や顔に吹きかけ、その気化熱で冷やします。

大きさは2種類。
バズーカサイズとコンパクトサイズ。
どちらも、持ち歩きたいものですね。


片吟貯金箱

 片吟貯金箱と書いて、ペンギン貯金箱。
って、当字も極まれりって感じですが、漢字ではこう書くのですね。

 このペンギン、お金を飲み込んで、その後に喜んで踊ります。
貯金も楽しくやりたいですね。
でないと続かないですから。


持ち歩けるマグ

 サーモマグと云う国内メーカーのボトルです。
私もサーモスと云う、似た名前のメーカーの物を使っていますが、つい最近迄はペットボトルをそのまま持ち歩く人を沢山見かけましたが、最近はあまり見なくなりましたね。
その代わりに、こんなボトルが流行っているのでしょうか?

 独特のスタイルで、どこかセクシーで持ち易そうなボトルですね。


ミッキーマウス

 ディズニー、特にミッキーマウスは永遠に愛されていますね。
手塚治虫氏を始め、ウォルト・ディズニー、その他にも沢山の人が長く愛されるアイドルを作り出して来ました。
アニメだから、漫画だから子供っぽいと云う時代は終わり、大人も楽しみ、ずっと愛し続ける事が許される時代になっています。

 この時計は、そんな世代へのプレゼント。
自動車の中で使う電波時計です。
夜は光り、昼間は白の背景にミッキーマウスが時間を知らせてくれます。
形も良いですね。


リラックス・タイム

 音楽でも映画でも、リラックスして楽しみたいですね。
普段、忙しい生活をしている現代人ですから、そう云う時間を大切にしたいと思います。
そんな時に、エアー・クッションのスピーカー内蔵ソファと云うのもありかなと。
このソファは、耳許にスピーカーが内蔵されていて、リラックスした姿勢でノンビリと楽しめます。


オリジナル

 世の中に一つしかないオリジナル、自分だけのアイテムって、惹かれますね。
オーダー、オリジナルと云うと高価なイメージがありますが、このプレートはそんな事はありません。
愛車のナンバーを刻んだり、記念日を刻んだり、オリジナルの自分だけのプレートが出来上がります。
携帯ストラップにしたり、キーホルダーにつけたり、バッグなどにつけても良いですね。
メタルですから、アクリルの同種の物とは違う存在感があります。


エレクトリックステーショナリー オートステイプラー

 エレクトリックステーショナリーの最後は、ホッチキスです。
ガチャンとホッチキスを打つ瞬間、中の機構が動き、自動で打ち込んでくれます。
それにしても、どれもこれもオモチャっぽくて可愛いですね。


プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry