スイス

 スイスの国旗は十字のマーク。
見方に依っては、私の先祖島津の家紋とも似ていると云えますね。
永久中立国であり、自然に囲まれ、本当に夢の世界が生きている様な国です。
私にとっては、第2の故郷ですね。
時折、帰りたいと思います。
行きたいではなく、帰りたいと。

 そんな国からやって来た、何の変哲もないキーホルダー。
バリーの物です。
このシンプルさが、却って私は好きかもしれません。


スポンサーサイト

Macintoshに対応していない!!(怒)

 これ、良いんですけどねぇ~。
でも、Macintoshに対応していないのが残念と云うか、腹立たしいと云うか・・・(怒)

 専用のクリップに挟んだメモに手書きすると、それを取り込んでPCに転送して使う事が出来ると云う優れ物です。
慣れの問題もありますが、やはりキーボードよりは手書きメモの方が早かったりしますからね。
う~ん、何でMacintoshにはこう云う対応ソフトが少ないのでしょうね。


デジタルを所蔵する

 この百科事典、現代の所蔵書となりそうですね。
実はこれ、良く見て戴けば分りますが、ハードディスクです。
書斎の本棚に似合う百科事典。
それはデジタルで所蔵する智慧と知識。
何だか良いですね。


ケルトの音

 昨日と同じですが、オルゴールボールです。
これはハート形ですが、ケルトデザインのもので、その中でもドルイド僧の間で伝承されて来たものです。
この古い時代を感じさせるデザイン、何とも云えず良いですね。


ドルイド・ベル

 紀元前ヨーロッパの修行僧たちが深い瞑想を行うために作り出したとされるドルイドベルです。
内部構造はオルゴールと同じ。
静かな美しい音色を奏でそうですね。


小さく、大きく

 この折畳み傘、開くと129㎝、もの凄い大きさです。
だから、大人2人がスッポリと入ってしまいます。
その上、開閉が自動。
ジャンプ傘は開くのは普通ですが、閉じるまで出来るのは限られています。
この傘、良いですねぇ。


クリスマスツリー

 テーブルに置ける小さなツリーです。
でも、これは蝦夷松を使った本物の木です。
紛い物や偽物じゃない、本物のツリー。
とっても心に響きますね。


CDの様な

 ディスク交換型のオルゴールです。
まるでCDを取り替える様に、曲を変える事の出来るオルゴールです。

ディスク6枚付き
1.カルメン「闘牛士の歌」
2.リゴレット「女心の歌」
3.カルメン「ババネラ」
4.メリーウイドウのワルツ
5.エーデルワイス
6.白鳥の湖

 がついています。


ポケットの中のカラクリ時計

 オルゴールの名門スイス リュージュ社は元々は時計メーカー、1865年 シャルル・リュージュが初めてミュージカルポケットウオッチとして世に出して以来作り続けている。伝統に裏打ちされた時計職人の手による重厚感は他ではまねできません。

表面のカラクリ細工は裏面のスイッチを押すと動き出します。 (女性の手が井戸のポンプを汲み上げる動作をすると水が流れ出し、馬が水を飲む動作を繰り返します)。


昨日に続きますが

 昨日に続き、また以前にも紹介したと思いますが、スイス リュージュ.ミユージック社のシンギング・バードです。
これは鳥籠に入った2羽の鳥が美しく鳴きます。
子供の頃にこれを見た時の感動は忘れません。
一生の憧れになっています。


勇気と名誉の証

 今から約230年前ピエール・ジャケ・ドローが機械式のシンギングバードを初めて製作して以来ヨーロッパ、アジアの君主達はそのすばらしさに感動しこぞって彼のシンギングバードを求めるようになりました。
特にナポレオン3世は特に武勲のあった将軍に勇気と名誉の証としてシンギングバード与えました。
その伝統を現在に引き継ぐ唯一のメーカーが、スイス リュージュ.ミユージック社です。(商品説明より)

 これは、昔から私の憧れでした。
美しいし、素晴らしい鳴き声に惹き付けられます。


一人二役

 便利ですね、これ。
TVをモニターにしてPCを使う人に取っては、絶対に欲しい物です。
TVのリモコンとPCのマウす、二つあると結構面倒なんですよね。
そうでなくても、DVDやビデオ、ステレオ、照明器具、暖房器具、エアコンとリモコンが氾濫しているのですから。

 このリモコンは、表と裏にTVリモコンとPCマウすの両方がついています。
裏返すだけで認識します。
これは便利、そして面白く、良いアイデアですね。


現時点で後2個しかないみたいですが

 ショコタンではないですが、これはギガスイーツの部類に入る、とっても大きなプリンです。
何と20人分!!
自分で作るそうですが、これは凄いですね。
一度、試してみたい気もします(笑)


小窓のある風景

 アメリカ、ダラスで創業したルイスブレイの時計、小窓が開き中のムーブメントが見える風景は美しいですね。
ちょっと洒落た、こう云うアメリカらしい時計と云うのも魅力的です。


続けてディーゼルです

 デジアナ時計、シチズンでも以前ありましたが、これが結構便利です。
2カ国の時計を表示するとか、サマータイムや、同じ時間でもデジタルとアナログでは見え方が違ったり。
何れにしても、ディーゼルはユニークで良いですね。


個性

 こう云う個性の強い時計って好き嫌いがあるでしょうね。
私は好きですね、この感じ。
60年代のアメリカを思わせるレトロ感、そして3ヵ所の時間が同時に分る突飛さ。
DIESELって、いつも面白く、特徴的ですね。


10年後も新鮮

 吉岡徳仁氏が、イッセイミヤケの時計の新作を作りました。
オートマチックで、裏蓋がスケルトン。
特に裏のスケルトンですが、構造からデザインしたと云える様な作品になっています。
10年後も新鮮に感じられる、そんな時計を目指して作られた。
素晴らしい作品です。


  • 2008-11-07 :

ガラスの美しさ

 電気ケトルは、この会社が普及させたのですね。
私も知りませんでした。
Russell Hobbs、ステンレスとガラスを融合させた姿は美しいですね。
こんなお洒落なケトルで湧かしたお湯は美味しそうに思えてしまいます。


お洒落なトーチ

 まるでライターの様な綺麗なトーチですね。
しっかり明るく、携帯にもお洒落で、持ち歩くにも良いですね。


ビタミンで浄水

 安全の為に水道にはカルキ、塩素処理した後の残留塩素が残っています。
ですから、日本の水道は世界一安全であると同時に、若干の副作用もあると云う事です。
が、それを使わなければいけないのも事実。
ですから、浄水器が登場します。
そして、シャワーも同じ。
知らない内に髪や肌に負担をかけています。
で、こう云うものが出て来ました。
これはビタミンで浄水するもの。
他にもセラミックやゲルマニウム等、色々なものが出ていますね。
このシャワーヘッド、浄水機能もそうですが、デザインが綺麗ですね。
何となく高級感があったりします。


計帯電ではなく

 どう見ても携帯電話ですが、これは世界16地域に対応したワールドタイム、目覚まし、スヌーズ機構、タイマー、そして計算機と多機能なマルチツールです。
スライド式で、正に携帯電話の形状で、持ち易く、使い易そうですね。


何よりもスイスのメーカーであるのが良いですね

 このリュック、真ん中のレッドはスイス・レッドですね。
ウェンガー製のこのリュック、とても優れ物です。
ポケットも多く、防水性も高く、カッチリしていて、パッドも入っているのでPCも入ります。


プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry