龍神降臨

 凄い物を見つけました。
まさに龍神降臨です。
仏師が彫り出した一刀彫のキングギドラ。
これは凄い迫力ですね。


スポンサーサイト

夏真っ盛り

 正に夏。
暑いですね、毎日。
道場で稽古していると、文字通り滝の様に汗が流れます。
途中で水分を補給しなければ、確実に倒れてしまいます。

 こんな時は冷たい氷が懐かしくなりますね。
縁日等で良く食べたかき氷。
昔の氷には味がありました。
今の氷は昔とは違うでしょうが、それでも暑い夏には嬉しい人も多いでしょうね。

 ミッキーマウスが氷を削ってくれます。
この形も何となく可愛いですね。


本から

 良いですね、これ。
本から動物達が飛び出して来ます。
逆に本の中に飛び込んでいるのもいます。
最高ですね。
まるでファンタジーですが、これはみなインデックスです。
本棚や本の間に挟んで使います。
何だか楽しくなりそうですね。


シンプルな佇まい

 この姿は、ずっと以前に黒電話から進化し始めた頃にあったデザインですね。
何もなくて、ただシンプル。
電話に色々な機能がまだ求められていない頃の姿です。
この電話機は無線化されていますし、最低限の機能はついていますが、現代的なシンプルさはやはり原点に戻ったと云う事でしょうか。


丸いチョコ

 このステレオ・ヘッドホン、インナー・イヤーですが、その外見はどう見てもチョコレート。
思わず食べたくなる様な感じですね。
昔からある丸いチョコレート、結構食べた覚えがあります。


スパイになれる?

 これは、凄いですね。
ピンホールカメラとマイクを内蔵し、ちゃんとボールペンとしても機能する、まるでスパイ用の装備品。
こんなものが現実にあるのですね。
色々な場面、特にビジネスの場面では活躍しそうですね。
くれぐれも悪用しない様に。


手書きのメモ

 これ、良いですね。
手書きのメモをメモリーして、後でPCに読み込む事でOCR変換してくれる。
そのままテキストで使えると云う、携帯用のメモリー用品です。
どの程度の精度があるのか分かりませんが、これは便利。
やっぱり、ついメモ取りしてしまいますからね。


コンパス?

 ちょっと派手な時計です。
まるで短針が沢山ついている様で、見た目はコンパスですね。
こう云う派手な時計、私は好きです。


モーゼの十戒

 天地創造等の物語で語られるモーゼの十戒の記述は、ドラマチックですね。
あの十戒を納めた聟櫃がインディージョーンズの映画で登場しました。
観た方は御存知でしょうが、最後のクライマックスは中々シュールと云うか、凄いものでしたね。
あの聖櫃が名刺ホルダーになりました。
こんなのに置いてある名刺なら、きっと効果も上がるかもしれないですね。


ベッドサイド・ロボット

 朝、起こしてくれるロボットです。
目覚ましロボットと云うか、ベッドサイド・ロボット。
手がクリップになっているので、大切な事はこのロボットに預けておきましょう。
また、アラーム時には目が光って知らせてくれます。


飛び立たない

 宇宙への旅、夢ですね。
トレッキーの私にとっては永遠の憧れかもしれません。
宇宙へ飛び出すロケット、まだまだ一般人の宇宙旅行は夢のまた夢ですが、いつかはSFの世界の様に実現して行くのでしょうね。

 このロケット、火も出なければ飛び立ちもしません。
発射口の台に収納された本体はボールペンです。
でも、こんなのがデスクにあると何だかロマンがあって良いですね。


 オモシロ卵の登場です。
写真をスライドショーしてくれます。
何だか可愛いですね。


変なラジコン

 ラジコンも沢山種類が出て来ましたね。
昔は飛行機、船、そして自動車位しかなかったですが、今は何でもラジコンになってしまう様な気がします。

 今日のこのラジコン、う~ん、面白いと云えば面白い。
ですが、これを走らせると、人を驚かせるには良いでしょうか?
ま、ハンバーガーでコントロールと云うのは笑えますね。
これがチーズだったら、アメカジですが。(笑)


魔法の五輪車

 これ、ユニークですね。
何と前輪が四輪となっていて、全部で五輪車です。
これがミソで、安定するのだそうです。
コーナリングの仕方も独特だそうで、これは良いですね。


007?

 小学生の頃とかに雑誌の付録で、探偵とかスパイとかのグッズがついていた事があります。
勿論、所詮玩具の世界ですが、楽しかったですね。
潜望鏡とか、文字が消えるペンとか、他に色々あった気がします。

 そして、スパイカメラ。
ミノックスの小さなカメラが有名で、実際にスパイ達も使ったり、映画でも良く出て来ていました。
007等では、色々な物に仕込まれたカメラが活躍していましたね。
今はそれが現実に手に入る、売られている時代です。
考えてみれば恐ろしい。
でも、やっぱり手にしてみたい物ですね。
そう云えば、ライター型のカメラもありましたね。


美しいレディー

 BMW 3.0 CSI 、昔好きだった車です。
この会社の作った車の中で、最もエレガントで美しいと云われたものですが、今でも時折見かけますが、古さを感じさせず、とても綺麗ですね。

 ガソリンが高騰する時代、こんなエレガントな自動車が走る姿は、消えずに残っていて欲しいものだと思います。


最後です

 自動車シリーズの最後です。
このリュックサック、良いですね。
どんな場面でも使えそう。
高級車に似合うオリジナル・グッズ、探してみると色々とあって楽しかったです。


パイロット・バッグ

 昔、フライト・バッグとかパイロット・バッグに憧れを持った事があります。
飛行機のパイロット、特に大型のジェットのキャプテンは格好良く見えるものです。
そんな彼等が使うバッグも、これまた格好良く見えてものです。

 私はJALのフライト・バッグは持っています。
これが構造は簡単ですが、沢山物が入って便利。
決して高級感はありませんが、その使い勝手はとても良いと愛用しています。

 そして、今日はBMWのパイロット・バッグ。
ちょっと変った形ですが、これも使い易そうですね。


美しい女性に

 BMWデザインのハンド・バッグです。
以前、ハンド・バッグ会社の御相談に乗っていた時、「バッグとハンド・バッグは違う」と拘っておられました。
ただ物を入れるだけのものをバッグ、お洒落に持つものがハンド・バッグだそうです。
だから、ハンド・バッグには沢山物を入れないで、お洒落感を崩さない様にして欲しい。
いっぱい物を詰め込んで、形崩れするのは当り前、使い方を知って欲しいと。
なるほど、と思いました。
それぞれの使い方、あり方があるのだなぁと。
そう云う拘りが、良い物を作り、本当のお洒落なんだなと云う事ですね。


プレゼンテーション

 今日はプレゼンテーション様のバッグです。
こんなバッグから取り出されたプレゼン資料なら、素晴しいと思うかもしれませんね。
このバッグを見せた瞬間から、プレゼンテーションは始っている。
そんなアッピールが出来る小道具だと思います。


しっかりとした

 こう云うしっかりとしたドキュメント・バッグは良いですね。
BMWの7シリーズに乗るビジネス・マンに似合いそうです。


洒落たペン

 こう云うスタイルのペン、私は好きです。
シンプルで、でもとても持ち易いフォルムで。
ペン先にBMWのマークが入っているのは良いですね。


少しだけBMW

 昨日でMercedes-Benz シリーズは終りました。
今日からは、少しだけBMW。
第一段はライターです。

 私は愛煙家ですが、昨今の嫌煙ブームやタスポ等、喫煙者には厳しい時代となって来ましたね。
何だか、曾てのアメリカの禁酒法を思い浮かべるのは私だけでしょうか?
健康、健康って、まるで不健康が悪であるかの様なヒステリックな騒ぎには違和感を覚えてしまいます。

 ま、それはそれとして、このライター、フォルムが綺麗ですね。
お洒落な車に乗って、お洒落なライターで火をつけて一服。
映画ですね、これは。


Fー1

 今日のリュックサックは、Mercedes-Benz のFー1カラーです。
スッキリしていて、でもどこかに強さを感じる、そんなデザインですね。
これならどこででもオシャレな感じですね。


スポーツにもMercedes-Benz

 かなり大きなバッグです。
真中のスリー ポインティッド スターと、サイドのシルバーのポケットが活きていますね。
スポーツ バッグもシャレた物を持ちたいですね。


スッキリ

 今日はMercedes-Benz のアウトドア用リュックサックです。
白と黒、ただシンプルに徹していて、目を引きますね。
こう云うシンプルさは良いですね。


Mercedes-Benz スタイル

 昨日に続いて筆記用具です。
今は普通になったボールペンで、安価で幾らでも手に入りますが、やはりそこに自分らしい主張と云うものは持ちたいですね。

 このMercedes-Benz のボールペンは、昨日と同じくシンプルなスタイルですが、それがまたMercedes-Benz らしいとも云えると思います。


万年筆

 現代ではボールペンやサインペン等が普及したせいで、万年筆を使う人が減りましたね。
でも、大切な場面、国家間の調印などでは、未だに万年筆が使われています。
ボールペン等とは違った味わいがあるのが万年筆で、私も好きです。

 この万年筆はとてもシンプルな、オーソドックスなスタイルですが、ワンポイントのスリー・スターが活きていますね。


愛煙家の友達

 愛煙家の友達と云えば、灰皿ですね。
特に車の中では、夜などは灰皿の位置が見え難かったり、運転中は灰皿の方へ眼を向けられないので、手許に灰皿を置いておきたいものです。
で、エアコンの吹き出し口につけた灰皿が必需品となります。
それが、光る様になっていたら最高ですね。
まして、このモデルの様にソーラーなら、文句なしです。


プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry