色とりどりの

 卵形のライトが36個。
これがそれぞれ色が変化する。
って、何だか凄く幻想的な感じですね。
とっても変わった、でも綺麗なシャンデリア。
ちょっとロマンチックですね。


スポンサーサイト

人工の炎

 ロウソクの灯は何となく心を癒してくれます。
ユラユラと揺れる炎を見ていると、段々と心が落ち着いてくるのが分ります。
ジッと揺れる光を見るのは、催眠効果もあって、静かな気持ちを呼んでくれます。
が、実際のロウソクはやはり火なので危険もあります。
また、消える時のあの臭いが嫌いと云う人もいますね。

 これはLEDで作った人工の炎です。
本物と同じ様にユラユラと揺れ、その静けさは正にロウソク。
良いですね、これ。


凧揚げならぬ

 お正月と云えば凧揚げ。
でも、最近はあまり見なくなりましたね。
ゲイラカイトなんて云う現代型の高性能の凧もありますが、特に都会では電線もあって中々凧も自由に揚げられないですね。
で、凧揚げならぬラジコンでパラシュートを飛ばす。
これも良いですね。


小銭を大切に

 小銭と云っても色々ありますね。
1円、5円、10円、50円、100円、500円、そして、時々ある1,000円。
これを種別に分けられたら便利と思うのは、お店や銀行だけではないです。
特に子供にはそう云う感覚は必要かもしれないですね。
その為の貯金箱。
転がるのも面白いですが、振り分けられるのがまた良いですね。


クリスマスは過ぎましたが

 自分の愛車って、情が湧くと云うか、愛着が出て来ますね。
何でも自分の愛車に絡めた物が欲しくなったり。
昔、ナンバー・プレートのグッズも流行りましたね。
この携帯アクセサリーも、その昔に流行った物の復活と云う感じですが、オーダー・メイドでしか作れないと云う点で、持つ人には特別な感覚があるでしょうね。



100年以上前のアニメ

 アニメとは云え、何と言っても100年以上前に出来たものです。
パラパラ漫画の変形です。
でも、それをスクリーンで見る事が出来るなんて凄いですね。
自作も作れる優れ物。
これは良いですね。


走る光の球

 SpaceWorp、かなり以前に凄く流行りました。
凄いスピードで球が走る。
これが今年、新たに登場。
今度は夜光で光ります。
ブラックライトでも。
暗くして走らせると、凄く幻想的になりそうですね。


青いLED

 青いLEDって話題になりましたね。
以前は赤いLEDしか作れなかったのが、発明されて青いLEDが出来たと。
これ、裁判になったのでしたっけ?

 と云う訳で、この青いLEDの時計です。
適度な厚さと大きさで、インテリアとしても綺麗ですね。


  • 2007-12-22 :

イギリスにしては

 トースターって、どれを見ても代わり映えしませんね。
画一的な物の代表格と云っても良いでしょう。
このトースターも、特に優れたデザインとは思いません。
が、イギリス製と考えると、それにしては良いかもと思えます。
ダイソンを始め、イギリス製の電化製品はどれもこれも武骨と云うか、恐ろしくダサいものばかりですからね。
長く、何十年と同じ電化製品を使うお国柄。
それを考えると、飽きが来ないデザインで良いかもしれないですね。


喋る地球儀

 タッチペンで触れると喋る地球儀は他にもありますが、これはアップデートが出来て、データが最新に出来ます。
また、年齢に合わせたコンテンツが3種類。
これは良いですね。
大人でも楽しめそうです。



  • 2007-12-20 :

クリスマスには間に合いませんが

 私はキャラクターに似合わず洋菓子が好きです。
どちらかと云うと、和菓子の方が苦手です。
特にプリンは昔から好きでした。
相談者がわざわざ並んで、幻のプリンなどと云って買って来てくれた時は、本当に嬉しかったですね。
プリンそのものもそうですが、その気持ちが。

 このプリン、その大きさに驚きます。
バケツで作ってあります。
う~ん、これは凄い。
何人分なのでしょうか。
集りやイベントにはピッタリですね。


歴史の鍵

 一言でアクセサリーと云っても色々、種々雑多ありますね。
アクセサリーはその人の主張でもあり、互いに相手を輝かせる物でもあると思います。
だからこそ、本当に納得した物を身に付けたいですね。
値段が高いから良い、安いから駄目と云う感覚は捨て去って、本当に自分の感性に合う物を選んで欲しいものだと思います。

 この鍵は、イタリアのフィレンツェ最古の銀工房で作られています。
正に歴史の鍵ですね。
幸運の鍵となる風格を備えた物だと思います。



走らない車

 この車は、手で押さなければ走りません。
古いVW ビートルです。
でも、とっても役に立ちます。
沢山のファイルを積んでくれます。


犬の言語

 人間と同じく、動物もちゃんと会話をしています。
その方法は人間とは若干違いますが、言葉とボディー・ランゲージによります。
長く飼っていると飼い犬の言葉が解ると云いますが、本当にその通りです。
霊能者は感覚として動物の言葉を理解しますが、そうではなく、言語として研究している人がいます。
昔、映画でドリトル先生がインコのポリネシアから動物言語を習って、人間の医者だったのが動物医になってしまった話がありました。
現代ではそれは夢物語ではなく、犬や猫、イルカやチンパンジーの言語を研究している人も機関もあります。
いつの日か、本当に人間と動物が自由に会話出来る時代が来ると良いですね。


靴下

 今日、一瞬ですがみぞれが降っていました。
寒くなったのですね。
東京では雪は2月頃に少し降ったりする事がありますが、積もっても数センチ。
でも、それでも雪に慣れていない東京人は運転に苦労します。
チェーンなんて、スキーやスノボーに出かける人以外は付けた事も触った事もないなんて事が普通です。
なので、こんなものを提案。
タイヤが履く靴下です。
これなら簡単そうですね。


子恐竜ロボット

 これ、良いですね。
可愛いし、この価格でロボットです。
そして、学習し、成長し、愛情表現までします。
いやぁ~、ロボット・ペットの時代が来てしまいましたね。
残念ながら人気があり過ぎて、第一次販売は終ったみたいですが、すぐに来年に販売されるそうです。


テスト中です

 このカメラ、中堅機ですが私にとっては欲しかった逸品です。
以前使っていたフィルム・カメラの PENTAX Z-1 と同等のハイパー・プログラムが搭載されています。
これが復活して、またパワー・ズームも一部ですが対応しました。
だから、嘗て使っていたレンズが生きますし、あの使い勝手が戻って来ました。

 まだ手に入れたばかりなので、テスト中です。
これから、このカメラの癖や使い方などを色々と探って行きたいと思います。

 ちなみに、今まで使っていた istDL は、妻の手に。
モードも沢山ついていて、初心者には使い易いと思います。


電動歯ブラシならぬ電動ハタキ

 って、何でも電動にすれば良いってものではないと思いますが、静電気を利用して埃を取る事を思うと、確かに取れそうですね。
振りながら静電気を起すよりも、ずっと回っていれば静電気がずっと帯電する訳で。
う~ん、でも何かやっぱり変かも。(笑)


心も身体も温かく

 寒くなりましたね。
道場の行き帰りなど、凄く寒いです。
こんな時、昔ならカイロ、今ならホッカイロが役に立ちますね。
でも、ホッカイロは使い捨てなので、勿体ない気もしますが。
このカイロなら、何度でも使えるエコです。
形も良いですね。
ハートも温かく、身体も温かく。


幻想的な雰囲気に

 蛇口から出る水の温度によって色が変わるそうです。
洗面所を暗くしておくと、とても幻想的な感じになりますね。
あまり現実的ではないですが、少し薄暗い雰囲気も悪くないので、お好きな方はどうぞと云う感じです。
でも、面白さはありますね。


セレブの個室

 トイレット・ペーパーと云えば白かブルーかピンク。
そう決まっていましたが、とんでもない色のものが出ましたね。
リーディングブランドRenova社が提案したもので、世界のセレブに愛用されているカラー・トイレット・ペーパーです。
何だか、がらりと雰囲気が変わりそうですね。






はまっています

 最近、たまたま手に入れたダーツが面白くてはまっています。
子供の頃、家にあったダーツを投げていた事を思い出します。
あの頃はルールも知らず、ただ手裏剣投げの様な感覚でやっていました。
今はルールは分っていますが、それでも余りこだわらずに投げて楽しんでいます。

 このボードは優れものです。
ハードチップもソフトチップも使え、サイズも公式サイズの18インチ。
サイザル麻で出来ていて、ダーツの世界では有名なブランドです。


空飛ぶロボット

 ラジコンも最近は色々な種類が出て来て面白くなって来ましたね。
歩くだけではなく、飛ぶロボットまで出て来ているのは、発想が良いですね。
このロボットも、空中で対戦まで出来る。
面白いかも。


このテイストなら許せる程度ですね

 昨日に続き、今日はTVです。
ディズニーも節操がないと云うか、何にでも手を出し過ぎと感じますね。
今度はアメリカで失敗した携帯電話を日本でも発売するそうですし。

 このTV、う~ん、良いとは思いませんが、ファンには溜らないのでしょうね。
これ位のテイストなら、まぁ許せますか。


何でもディズニー

 またまた出ましたディズニー・グッズ。
本当に次から次へと、何にでも手を出すディズニーですね。
ま、それぞれ可愛いから良いとしても、あまりチープなものは出して欲しくないものです。



懐しい汽笛の音

 子供の頃、夜中にどこからか汽笛の音が聞こえて来ました。
最初は何だろうと思っていましたが、段々と毎晩聞いている内に楽しみになって来ました。
後で知った事ですが、蒸気機関車が移動している時に鳴らす汽笛の音でした。
もう蒸気機関車も何かのイベント位でしか見れなくなってしまいましたが、あの汽笛の事は今も耳に残っています。

 これは機関車の中でも人気の高いD51、通称デコイチです。
この姿、本当に機能美ですね。
力強さと優美さを兼ね備えた姿は、今でも美しく見えます。


天気予報

 お天気予報の出来るものって沢山ありますが、時計にその機能がついたのは、デジタルになってからですね。
でも、デザインが・・・、と云うものが多いですね。
これも決して良いデザインであるとは云い難いですが、その光の綺麗さに免じてエントリーしました。
敢えてシンプルである事が良いなと思います。


エア・ウルフ

 大分以前にTVドラマでやっていて、ずっと見ていました。
軍用特殊ヘリの物語ですが、その驚異的なスピードとスリル感はとても面白かった覚えがあります。
このドラマのテーマ曲は、私の携帯の着メロになっています。

 このラジコンは、その同軸ローターを正確に再現し、臨場感に溢れています。
良いですね、この機能美が。


思い出

 ずっと以前、学生の頃にシェパードを飼っていました。
飼ってすぐに大学入学で実家を出てしまったので、死ぬまで世話をする事は出来ませんでした。
それだけに、シェパードには何か郷愁を感じます。
それに、何と云っても賢いですし、姿もとても美しく思います。
本当に飼う事は現実的に無理だと思いますが、シェパードを見るとつい近寄ってしまいます。


建築家の作った時計

 この時計、作ったのは建築家です。
それがどう云う訳か、自動車のステアリングをモディファイしています。
しかし、このシンプルさがとても良いですね。
開かれた意識がこう云う素敵なデザインに繋がるのでしょうか?


プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry