Air Wolf

 懐かしいTVドラマのモデルを見つけました。
「Air Wolf」と云う、戦闘ヘリの活躍を描いたものです。

 ジャン=マイケル・ヴィンセント主演で、ベル・ヘリコプター・テキストロン社のベル222を元に開発された、様々な武器とターボエンジンを装備した戦闘ヘリです。

 当時としては、そのアクションはとても新鮮で、スリルに富んだワクワク感を与えてくれました。

 CIAの秘密作戦遂行のために、「悪魔的天才」とも揶揄される科学者チャールズ・ヘンリー・モフェットによって10億ドルの費用と20年の歳月をかけ開発された“マッハ1・プラス・アタック・ヘリコプター”「エアーウルフ」。軍関係者を招いて行なわれた展示飛行の最中に、働きを正当に評価されていないと思い込んだ、当のモフェット自身がエアーウルフで招待者たちを攻撃。モフェットはエアーウルフと共に北アフリカ某国(英語版ではリビアと名指し)へ逃亡した。

開発計画の責任者でエアーウルフの銃弾を浴び、左目失明・左足不随の大怪我をしたCIA特別作戦部長アークエンジェル(コードネーム、“大天使”の意)は、敏腕パイロットで今は山荘で暮らすストリングフェロー・ホークにエアーウルフの奪還を要請。ホークは友人のドミニク・サンティーニと共に、北アフリカに潜入、モフェットと対決し、エアーウルフの奪還に成功する。しかし、今度はホークが、人知れぬ土地(ネバダ砂漠の“神の谷”と呼ばれる地域)にエアーウルフを隠匿してしまう。

 ホークは「エアーウルフを返してほしければ、ベトナム戦争で未帰還兵となった、兄のセント・ジョンの生死を確認し回答せよ」と政府に要求。アークエンジェルとホークは「政府のホークへの逮捕に関する情報をホークに教えること」や「CIAの情報網でジョンを探す」、代わりに「CIAの作戦にエアーウルフを使わせる、そのために必要な経費も出す」ことを約束する。

これをきっかけにホークはエアーウルフを使い、世界の各地で様々な事件を解決していく。
 

スポンサーサイト

改良

 以前にフォトセンシティーと云う歯ブラシを御紹介しました。
LEDが光る歯ブラシです。
とても使い勝手が良く、使う程に歯茎の調子も良くなり、歯の調子も上がっていました。
が、残念な事にすぐにLEDがつかなくなって仕舞っていました。
水が入ったのか、歯磨き粉が入ったのか、或いは電源の問題かと思い、何度かクレームで取り換えて貰いましたが、やはり駄目でした。

 その後は、オーラ・ライトと云うやはりLEDの口内に光を当てる物を使っていました。
これも御紹介したかと思います。
これもすこぶる調子が良く、やはり使う程に同じ効果が現れていました。
が、やはり歯ブラシ式に比べて、使い勝手は良くありません。
歯を磨きながら、同時にLEDを当てられるのは、やはり良かったですね。

 と思っていた所、改良版が出ました。
電源部のシールドが変わり、タイマー式で3分で切れていたのが、手動式のスイッチとなりました。
ブラシ部も変化していました。
で、買い求めて使ってみた所、今回は何の問題もなく、LEDもしっかりと点滅しています。
使い勝手は、以前の歯ブラシの形の方が良かった気もしますが、歯茎や歯の調子は上がっている様に思います。
良いですね、これ。
改良は、こうして問題を克服して行く所から始まるのだと実感しました。
また、これから先も改良されて行くのでしょうが、こうして商品が練れて、良い物へと変化して行くのですね。


参考になりますよ

 上に立つと云う事は、常にストレスに曝されています。
瞬時の判断、即断・即決が求められ、部下への意識も大切ですし、義務と感情の狭間で辛い局面にも向かわねばなりません。
そんな時、この本はとても役に立ちますよ。
エンタープライズ号のピカード艦長が任務遂行中に経験した様々な出来事を、彼の主観で描き、分析し、その記録を若い士官、つまり後身の育成のために作成したという形式の本です。
私も読み始めていますが、中々面白く、特にSTARTREKを知っていて読むと、面白いですね。
そして、非常に現実的に理解出来、参考になります。
上に立つ者として、一度読んでおいても良い本だと思います。


STRTREK

 玩具と云って良いかどうか、長年のトレッキーとしては見逃せない物を3つ。
片や同スケールの NCC-1701、NCC-1701A(ST4、5、6)、NTC-1701D(TNG、ST7)の歴代エンタープライズ。
更に、ライトアップ・ギミックのついた「スタートレック:宇宙大作戦」の主役船、カーク船長率いるエンタープライズの限定シルバーバージョンと、NCC-1701D。
どれも、水鳥をモデルにして宇宙を滑る様に飛ぶ姿をイメージして作られたものです。
とても大きく、とても美しく、ワクワクする姿ですね。
このシリーズの物語は、SFでありながら、人間ドラマであり、とても奥の深いものです。
観ているといつもハッとする事があります。




スタイリッシュに

 ミニコンポ、色々な物が出ていますね。
昔、私もステレオに凝って、アンプやカセットデッキ、プレーヤー、スピーカーと一つずつ買い集めた覚えがあります。
が、それぞれに相性があって、きちんと合わせないと意図した音にならないと云う点はあり、知識と耳の良さがないと駄目でした。
今でもそうやって凝っている人は沢山いるのでしょうが、音源自体がデジタル化されて来て、ある意味では凝るよりも安易さを求める人の方が増えたのでしょう。
それに伴ってミニコンポも増殖して来た様に思います。
ならば、スタイリッシュに身近に置ける物を選びたいですね。
昨日も難しくなく、同時に色々な事が簡単に出来る、尚且つ格好の良い物。
って言い出すと、やっぱり難しいですね。


笑顔で

 いつも笑顔で過したいですね。
笑う門には福来ると云います。
嫌な事を呑み込む時も、耐えて頑張る時も。
Mr.P はゴミを笑顔で呑み込んでくれます。
ゴミを捨てる時、この顔を見ながら笑顔を思い出したいですね。


縛られ Mr.P

 縛られ地蔵ってありますね。
皆が願いを込めて荒縄を縛る事で、そのお地蔵様が願いを叶えてくれる。
だから、そのお地蔵様はいつも荒縄で縛られていて、顔も見えない。
見た目は哀れか可哀想ですが、それがそのお地蔵様のお役目で、それだけ愛されている証拠でもありますね。

 この Mr.P は長いコードに縛られます。
苦しそうですが、案外それが嬉しいと云う顔もしている気が・・・。
色も良いし、何だかとっても可愛いですね。


子供に返って

 子供の頃、水遊びってしましたか?
その辺の川や、家の水道で、水浸しになって遊んで、お母さんに叱られて。
そんな日々が懐かしくなる事ってありませんか?
だから、噴水とか見るとやっぱり嬉しくなるのは、そんな記憶から来るのかもしれないですね。

 と云う訳で、今日はワニです。(笑)
ただのワニではありません。
油断していると、噛み付かれないですが水浸しになります。(笑)


さりげなさ

 人への気遣いとか優しさって、押しつけがましいと嫌ですが、さり気ないと嬉しく感じますね。

 デザインも同じで、やり過ぎたものって何か押しつけがましくて好きじゃないですね。
さり気なく、でも美しくあって欲しいなと思います。
絵などは派手な、どちらかと云うとゴテゴテした物が好きですが、日常的に生活の中で使うものは、さり気なさって素敵だなと思います。

 このコート・ハンガー、そう云う意味で良いですね。
必要最低限の機能しかありませんし、何も気取っていない所が凄く良いなと思います。


使えるのでしょうか?

 それにしても色々な物が出て来ますね。
空間認識と云うか、斜度センサー、ジャイロによる動作商品って色々ありますが、ついにマウス。
う~ん、使えるのでしょうか?
慣れがかなり必要な気がしますね。
でも、何となく可愛く感じるのは私だけでしょうか?
新しい技術の披露の一つと考えると、これも良いでしょうね。


お風呂の時間

 お風呂って、子供の頃は楽しい時間でしたか?
数を数えて入るって云う躾けもありますが、親と一緒に入るってコミュニケーションの時間で、色々な話をしたり、遊んだりと、子供にとっては楽しい時間であって欲しいですね。

 で、こんな遊びも。
アンパンマンの滑り台です。
プールでも同じ様にウォーター・スライダーがありますが、それのアンパンマン版です。
見ていて楽しめそうですね。
子供は大喜びでしょうね。


ナチュラルな柔らかさ

 木の持つ質感って凄く優しいですね。
金属やプラスチックって便利ですが、やっぱり人工的で冷たい感じがします。
自然の持つ優しさと柔らかさは、心も身体も和らげてくれる気がします。

 このテーブル、良いですね。
シンプルで、優美で、ラバー・ウッドの持つ質感がとても柔らかい感じです。
ナチュラルなカラーも良いですね。
他にもシェルフやミラー、スタンド付きもある様です。
組み合わせると、優しい感じの部屋になるかもしれないですね。


タイムカプセル

 皆さんはタイムカプセルって埋めましたか?
私は確か小学校の時に、万国博覧会か何かの時に大坂城に学校で埋めると云う事で、皆が何かを集めて埋めた覚えがあります。
かなりしっかりした物に入れた様に聞いていますが、空缶とか身近な物に入れて埋めた人も多いのでしょうね。
で、何年か、何十年かして探したら、風景が変わっていて見つからなかったなんて事も。(笑)
で、ダウンジングで見つけたとか。(爆笑)

 どうせ埋めるなら、後世に伝えられる様な物、意味のある物を残したいですね。
そんな時は、頑丈な物に入れたいと思います。
未来世界の人達へのメッセージですから。


ここまでやれば

 最高に強固な貯金箱です。
インテリアにもなりそうですが、ちょっとやそっとでは開きませんよ。
スパナで開けなければ絶体に開きません。
う~ん、ここまでやればお金も貯まりますか。
でも、入れなければ貯まらないですよ。(笑)
一つのユーモアとして、話の種にはなりそうですね。


時期は過ぎましたが

 お護り代わりに鎧兜は良く飾られますね。
でも、ありきたりではつまらないし、実際に使われた鎧兜は被りそうですし、夜中に動いても嫌ですしね。
で、こんなのはどうでしょうか?
あのダース・ベーダーです。
これなら、本当に強そうで、しっかり護ってくれそうですね。
う~ん、ちょっと凄みがありますね。


みんな集めたら良い事あるでしょうか?

 私の懐かしい友人達のフィギアです。
と云っても、中には実在しないキャラもいますが。
小さい頃に良く遊んで貰いました。

 これが携帯にぶら下がっていたら、やっぱり普通の人はギョッとするか、笑うでしょうね。
中のキャラを全部集めたら、良い事があるでしょうか?


UFO?

 また綺麗な照明が見つかりました。
まるでUFOに見えるのは気のせいでしょうか?
アルミの削り出しで囲まれた隙間から漏れ出す光が、何とも云えず浮遊感を与えてくれます。
SFチックなレトロ感と云う所でしょうか。
デザインとしては単純ですが、技術に裏打ちされた単純さが良いですね。



これって・・・

 調理用品ってアイデアの宝庫ですね。
次から次へと便利な物や新しい物が出て来ます。
その全てが実際に使って便利か、また使えるか疑問ですが、食と云う人間の原点の部分で使う道具が、そうやって次々とアイデアが出ると云う事は、やはり人も一番大切だと思っていると云う事でしょうね。

 で、今日のアイテム。
これって・・・使えるのでしょうか?
う~ん、何とも云えないですが、面白さは充分ですね。
果たして包丁か、ハサミか、まな板か・・・。


  • 2007-05-10 :

宇宙船か?

 以前に、物凄くシンプルでレトロな炊飯器を紹介しましたが、今回は全く逆です。
このスタイル、まるで宇宙船か?と云う世界ですね。
シャープの「AQUOS」等をデザインした世界的著名なデザイナー喜多俊之氏のデザインの炊飯器です。
でも、やっぱりどこかにレトロ感が伴っている様に思えるのは、私の気のせいでしょうか?


存在感(笑)

 使う道具って、やはりそれなりの存在感のあるものが良いですね。
誰でも持っているとか、何の面白みもないとか、どうみても単なる道具でしかないと感じて仕舞うものよりも、何か主張があるものが私は好きです。

 でも、これはちょっと存在感があり過ぎでしょうか?(笑)
見た時に、思わず笑いました。
クォリティーも悪くなさそうですし、この迫力は悪くないですね。


気品を以て

 字は人を表すと云いますね。
ならば、書く道具にもこだわりたいものです。
今は、ボールペン等の便利なものが多く、曾ての万年筆や鉛筆、古くは羽ペンやガラス・ペン等と云うものは人気が衰えていますが、それでも愛好者はいるものです。

 こんな鉛筆で書いたら、少しは字が上手くなるでしょうか?
少なくとも、心は貴族、気品を以て書く事が出来るでしょうか。
そんなちょっとした心を大切にして行きたいですね。


楽しい世界

 子供の頃は、TVって夢の世界でしたね。
アニメや旅行番組、自然紀行、とっても素敵な世界でした。
現代では当り前になって仕舞った感がありますが、それでもTVの向うにある世界には、夢が詰っている様に感じます。
嫌なニュースばかりが流れますが、どうせ見るならば楽しい世界に浸りたいものです。

 そんな時に、今風のスタイリッシュなTVは味気ないと感じて仕舞います。
以前にも家具調のTVを載せた覚えがありますが、もっと飛んでこんなのはどうでしょうか?
とっても夢があって、こんなTVから楽しい世界が飛び出して来たら、きっと嫌な事など忘れる事が出来そうですね。


  • 2007-05-06 :

最低限

 ずっとずっと昔、私がまだ子供の頃に自動炊飯器なる物が出来ました。
それはそれが単純な構造で、ただ炊飯するだけの昨日しかありませんでした。
今は、マイコンに保温、追い炊き、炭火、等々と何だか物凄く高機能で値段も立派な炊飯器が町に氾濫していますね。
あれだけの機能を、どれだけの人が使いこなしているのでしょうか?
必要な機能って、実は炊飯機能だけなのでは?と思う事があります。
付加価値は、ある意味では無駄なものと云えなくもない、と云う気がします。
その無駄が心を豊かにするなら良いのですが、それこそ無駄に値段ばかり高くなったりしたら、バカバカしいだけですよね。
そんな中、こんな物もリバイバルと云うか、新たに作られています。
復古調と云えばそれまでですが、こう云うシンプルさが却って新鮮に感じるのは、気のせいではなさそうですね。


人工生命

 ロボットって、SFの世界では付き物ですね。
2001年宇宙の旅のHALに始まり、ロビーやフライデー、R2D2、等々と多くのロボットがSFの世界に登場しました。
それが、近年になって産業界では製造ロボットとして登場し、今は欠かせないものとなっています。
また、人間型ロボットや生物型ロボットに対する憧れは強く、犬やネコや二足歩行のロボットも登場して来ました。

 これは玩具の部類に入ります。
が、内蔵された機構やギミックは、曾ての物に劣らないレベルに達しています。
技術革新は素晴しいですね。
いつの日か、本当に人工生命と呼べる様なものが出て来るかもしれないですね。


聞こえる

 ヘッドホンをしていても、雑音が多いと聞こえませんね。
開放式と閉鎖式があって、閉鎖式は外の音を遮断して仕舞うので、中々外では使い難いですが、開放式は外の音が耳に入って来るので、雑音が多いと聞こえなくなって仕舞いますね。

 お年を召した耳の遠くなった人や、騒音の多い場所では、尚更、聞こえ難いですね。
で、以前からありますが、あまりポピュラーにならなかったものですが、骨伝導と云う技術があります。
音の波動を頭蓋骨に伝えて、それを耳の器官で聞くと云うものです。
ちょっと値段は高いですが、実用性は間違いなし。
こう云う、人の役に立つ技術がもっと広がると良いですね。


宝箱

 パイレーツ・オブ・カリビアンからもう一点。
今日はデッドマンズチェスト型CDプレイヤーです。
蓋を開けると、デイヴィ・ジョーンズの心臓が・・・。
不気味と云うか、でも見てみたいですね。
CDプレーヤーらしからぬスタイルも良いですね。
何気なくオブジェとして飾り、蓋をあけてCDを聞く。
現代の宝箱と云う所でしょうか。


化け物が出て来そうですが(笑)

 こんなTV-DVDがあったら、楽しいですが、画面から化け物が出て来そうですね。(笑)
でも、ありきたりのTVよりも何だか色気を感じるのは何故でしょうか?
ずっと昔は、TVも家具調とかがあって、家に馴染んでいた気がします。
でも、最近の物はスッキリとしていますが、家とは分離した、一つの物と云う感じがして仕舞います。
もっと色々な雰囲気を持った物があっても良いと思うのですが。


ちょっと不気味ですが

 色気のない、ありきたりなDVDプレーヤーよりも、こう云うオブジェとも云える様なものも面白いですね。
自動車型などもありましたが、これは中々シュールで面白いですね。
ディテールも悪くないですし、骸骨のジャック・スパローの目が光るのも、中々。


プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry