部屋の中で

 夜空を見ると、心が静まる事がありますね。
綺麗な星を見ていると、引き込まれてホッとしますね。
部屋の中で星を見たいと思って、家庭用のプラネタリウムを色々探しました。
凄いものもありますが、癒しと云う目的で云うと、これ位が一番良いかなと思います。
昼間も地球儀として飾っておけますしね。


スポンサーサイト

猫・ネコ・ねこ

 置き時計って、昔は腕時計が高級だったので、どこの家にもあったものですね。
それが段々と腕時計の時代に変わって来て、逆にオシャレな家にあるものになって仕舞いました。
目覚まし時計はあっても、お洒落な置き時計って少なくなりましたね。

 これは、ネコです。
その滑らかな曲線も、まるでネコがそこにいるかの様ですね。
スッキリしていて、何だか可愛い気がします。


何だか綺麗で

 色の変化があって、形も何だかネズミかエイみたいで、可愛いですね。
これをつけて置いておくと、それだけで部屋がお洒落になりそうで、良い雰囲気を醸し出してくれそうですね。


伸び縮み

 良いですね、これ。
伸び縮みして、容量が変わるゴミ箱。
玩具入れにも使えますし、可愛いですしね。


可愛いですね

 日常でゴミって本当に知らない内にドンドン出て来ますね。
上手く捨てる事が出来て、それもオシャレだったら良いのですが、中々見つからないのですよね、良いゴミ箱が。

 これは笑えました。
何だかペンギンって感じじゃないですか?
それに、色々な使い方が出来る様で、洒落た感じがします。
これなら、インテリアとしても良いかもしれないですね。


心静かに

 有史以前から火は人の心を癒すものとされて来ました。
ロウソクを灯して部屋を暗くして炎を見ていると、心が静まり、段々とリラックスして来ます。
仏教のみならず、神道でも、他の宗教でも、火を祭壇の側に置くのは、心を鎮め、神佛に向き合う為です。

 ベッドサイドのロウソクとかに憧れますが、やはり火は怖いですね。
これはLEDですし、吹き消す事が出来るのはとても良いですね。


これ、良いですね

 オシャレなワゴンって、憧れますね。
それなりに広い家じゃないとワゴンも無用の長物でしかありません。
だから、ワゴンって素敵な家の象徴と云う部分もあります。

 これはミニチュアですが、デスク周辺で使えそうですね。
結構、デスク周りにも小物が沢山あるもので、つい雑然として仕舞いますから、こう云うものがあると良いですね。


人工のローソク?

 これは、既に私よりも先に手に入れて遊んでいる人がいるのですが、まだ知らない人の為にお知らせしようと思います。
付属のマッチ棒や息で付けたり消したり出来るローソク。
面白いですね。
それに、インテリアにもオシャレです。


段々と目が悪くなって来ると

 長い時間、PCの前に座っていたり、年齢を重ねて来ると、眼が段々と悪くなって来ますね。
そろそろ、とっくに(苦笑)老眼になって来た眼には、こう云うスタイルのキーボードは嬉しいかもしれないですね。
でも、これが目の前に置いてあると、爆笑しそうですね。


本が・・・

 昨日に続き、ブックエンドです。
でも、これって・・・本が臭くならないでしょうか?(笑)
ライオンでも逃げて仕舞うほどの強烈な臭いを出すスカンクですからね。


本です(笑)

 これは最高です。(笑)
説明無用ですね。
こんな洒落たジョーク、良いですねぇ。


懐かしき暖かさ

 もうダルマストーブなんて知っている世代は、良い年になっているのでしょうね。
私の通っていた小学校や中学校はスチームが入っていたので、ダルマストーブはありませんでしたが、まだあちこちで見かけた時代でした。
とても暖かくて、中の炎が優しかったイメージがあります。

 これはミニチュアですが、お湯を沸したり、お餅くらいは焼けそうですね。


貝の鍋?

 貝は開くと煮えていると云いますが、この鍋はどうでしょうか?
まるで貝が開く様に蓋が開くのは爆笑しました。
こんな鍋で煮たら、きっと話題が尽きないで楽しい鍋が出来そうですね。
一つの鍋を皆でつつくと云う所から、無礼講と云う意味があります。
楽しい時間にしたいですね。


美の法則

 美には法則と云うものがあります。
画家やデザイナーの世界では常識となっていますが、「黄金比率」と云うものがあります。
〈1:1.618〉と云う比率に、人は美を感じます。
また、自然界の創造物は、この黄金比率に満ちていて、それは調和を意味しています。

 これは、その黄金比率を計る事が出来るコンパスです。
このデバイダーを使って描くと、きっと素晴しいものが描けるのではないかと思います。


憧れ

 東京タワーは、日本のシンボルの様なもので、憧れでしたね。
今もそれは変わりません。
首都高を走っていて東京タワーが見えると、つい見て仕舞います。
東京タワーが見える家に住みたいと言う人がいましたが、その気持ちは良く解ります。
富士山が見えると云うのとは違った意味で、憧れですね。


  • 2007-02-13 :

味が変わる?

 子供の頃からボトル・シップなど、瓶の中に入った船が不思議でした。
どうやって作るのだろうか?って。
作り方を大人になってから知っても、やっぱり驚きでした。
ロマンチックで良いですね、あれは。

 これは、もっと不思議。
ガラスで出来たボトル・シップです。
帆船と人魚。
どうやって作ったのでしょうね?
でも、ここに色のついた飲み物を入れると・・・。
ウィスキー以外でも使えそうですし、何だか味まで変わりそうな気がします。



機能性

 オシャレ用のハンドバッグは兎も角、普段持つ為の沢山入るバッグは機能的であって欲しいですね。
でも、そこにオシャレ感があれば、最高です。
どうしても機能を優先すると武骨になったり、ダサくなって仕舞い勝ちです。

 このトートバッグは、キャンパスとハード・シェルを組み合わせたもので、色と良い、中々良いと思います。
別売のハード・シェルを付け足すと、また違った味が出そうですし、色々と楽しめそうですね。


セーリング

 船の帆の形をした建物やグッズは人気がありますね。
横浜に建っている一流ホテルもそんな形で、特に女性には絶大な人気があります。
船は男女問わず、憧れの象徴ですね。

 そんな形をした空気清浄機。
ちょっとお洒落ですね。
これならどこに置いても、モダンで良いかも。


懐かしい近未来

 曾ての古いSF映画に出て来た物は、どれも今見ると可笑しい位にチャチと云うか、レトロですよね。
でも当時はそんなものでも憧れの対象になっていました。
未来ってそんな風になるのかな?なんて。
どんどん時代が移り、曾てのSFが段々と現実となって行く中、実現した物も未だ実現していない物もありますが、そう云うレトロな物、近未来をイメージしていた物を見ると嬉しくなりますね。

 これもそんな物の一つです。
デジタル時計なんて今は珍しくありませんが、見ていると何だかほのぼのとして笑いがこぼれます。


アナログ?

 いやぁ~、これには笑いました。
まるでレコード。
今はレコードも新しいものはなくなり、レトロの象徴の様になって仕舞いましたが、私も曾ては数百枚のレコードを持っていました。
クラシック、ジャズ、ロックを中心に、あらゆるジャンルの物を持っていました。
まだ当時は真空管からトランジスタに変わる時代で、両方の音を聞きました。
技術が進むにつれ、音が冷たくなって来た様に思います。
確実に音はクリアーになっているのですが、耳に届く音は、とても鋭角的に感じて仕舞ったのを覚えています。

 デジタル時代のレコードはどんな音がするのでしょうね。
形だけとは云え、何だか暖かい音がしそうな気持ちになりますから不思議です。


何に使いましょうか?

 自分の身体を詳細に見た事はありますか?
医学生の時に、身体のあちこちの切片を顕微鏡などで見たり、学んでいる時、新たな発見をした気持ちになったものです。
正に神の為せる業です。
ミクロで見た時の驚きは忘れる事が出来ません。

 それを自宅のPCで簡単に出来るのが、このDigitalMicroscopeです。
良く化粧品屋さんなどで肌チェックと云う事で置いてある場合もありますが、男性は中々足を踏み入れる事は出来ませんよね。
髪に問題がある人も、増毛や育毛のショップには置いてあったりしますが。

 自分で肌チェックしたり、自分の身体を詳細に見てみるのも良いかもしれないですね。


デザイン・チェア・シリーズ

 以前にも御紹介した事がありますが、デザイン・チェア・シリーズの第3弾と第4弾です。
しかし、いつ見てもクォリティーが高いですね。
自分がミニチュアなら座ってみたい程です。



知らないじゃ済まない

 古来、偽札は常に存在して来ました。
中には国家レベルでやっている所さえある様です。
我々素人は勿論、プロでも見抜けない精巧なものさえ出来ていると云う事です。
PCやプリンター、スキャナーの進化によって、個人レベルでも作れる様になって仕舞ったのは問題ですが、同時に偽造され難い紙幣を作って、そうやってイタチごっこをしながら犯罪ははびこって来たのですね。

 知らないで手にして使って仕舞っても犯罪扱いになると考えると、無用なトラブルに巻き込まれない様にする為には、怪しいと思った時は調べる必要がありますね。
知らなかったでは済まない事ですから。

 こんなものがあります。
誰でも携帯出来て、いつでもチェック出来る、偽札鑑別機。
全てのものが解る訳ではないでしょうが、現段階では便利ですね。
これが、新札が発行される度にバージョン・アップ出来たら最高ですが。


メモリーで占う?(笑)

 占いにも沢山の種類がありますが、統計学的な占い(占星術、四柱推命など)に比べて、直感的・霊感的な占い(易、タロット、ダウンジングなど)の方が取っ付き易いかもしれないですね。
また、精神の訓練にもなりますし、早く上達する可能性があります。
本当に人を鑑定しようと思ったら、数種類の占いを複合的に使って、総合的に鑑定しなければ確信的な回答は見つかりませんが。

 このペンジュラムも、ダウンジングする為に使えますが、それと同時に中にメモリーが入っているのが笑えますね。
これで占って、エネルギーが集って、メモリーは吹っ飛ばないでしょうか?
私がやったら、まず間違いなく、メモリーが飛びそうな気がしますが。(笑)


家を飾る

 家は帰るべき巣であって、楽しい時間を過せる様に、自分流の色をつけたいものですね。
いつでも、心地良く、暖かい気持ちになれたら最高です。
その為には好きな絵を飾ったり、オブジェを置いたり、花を生ける事で自分の家になって行きますね。

 こんな時計はどうでしょうか?
飾りにもなり、ヨーロピアンの雰囲気が部屋を穏やかな風で和ませてくれる様に思います。
オールド・ヴィクトリアン・スタイルですが、これが何とも云えない静けさを感じさせてくれる様に思います。


私にピッタリ?

 時計って、必要ですが、時には邪魔な時もありますね。
今は携帯電話もありますし、駅でも道でもどこかに必ず時計はありますから、持たなくても良いのですが。

 でも、オシャレな時計なら持ちたいですね。
例えば、こう云う懐中時計とか。
この文様は良いですね。
菊の御紋に鶴。
とっても高貴で美しく思います。
私にはピッタリでしょうか?
また、怖そうと言われそうな気がしますが。(笑)


本物の持つオーラ

 古来より菌や銀やプラチナなどと云う希少金属は珍重されて来ました。
技術の発達により、合金やメッキなどで殆ど同じ様な色と質感のものは作る事が出来る様になりましたが、やはり本物の持つ迫力とオーラは真似する事が出来ません。
人がどんなに着飾って気取っても、育ちや家柄や普段の生活は誤魔化せないのと同じですね。

 この純金の色はやはり素晴しいですね。
本物だけが持つ鈍い光と質感。
実際に使うとなると勇気が必要でしょうが、飾りとしても美しいと思います。


無名の作品

 有名でなくても、全く誰にも知られていない無名でも、凄く良いものを作ったりする事はあります。
メジャーになるとか、有名になるとかなんて、戦略的であったり、偶然の幸運だったりします。
溢れる才能は、世の中に埋もれて仕舞う事もあります。
今は売り出す機会と云うのが沢山ありますから、チャンスは増えたでしょうが、昔は埋もれて仕舞った才能は沢山あったのでしょうね。

 このスタンド・ミラーも無名の作品です。
特別なものはなにもないデザインですが、スッキリしていてお洒落ですね。
変なこだわりや、やり過ぎのデザインは、一時の打ち上げ花火でしかありません。
ずっと残るものは、やはり無駄がなく、存在感がありますね。


プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry