鬼太郎 何してる?

 新しいiMacにはカメラがついていますが、PCカメラがあると便利な時がありますね。
ネットで話す時、Skypeを使うとネットを使って世界中と話せますが、カメラがあると顔を見ながら話す事が出来ます。
昔、出来たばかりのテレビ電話は結局は成功しませんでしたが、ネットでのカメラは使っている人も多い様ですね。

 でも、PCカメラって色気がないと云うか、あまりにも機械と云う感じがしますね。
で、オヤジさんに登場して貰いました。
高い声で「鬼太郎~」とは言わないですが、ポーズも変えられるし、マスコットみたいにデスクに置いておけそうですね。
でも、夜中に見ると怖いかも。(笑)


スポンサーサイト

魔法のランプ

 現代のテクノロジーは、昔の人から見たら全て魔法に見えるでしょうね。
火もないのに光があり、遠くの人から声が伝わり、姿まで見えるし、世界の裏の情報まで分る。
もしかしたら、お伽話や伝説や神話の中に出て来る魔法や奇跡は、こう云うものだったかもしれないですね。

 このランプは、まさに魔法に見えるでしょうね。
センサーで、触れないで点灯、消灯、明るさの調節を行います。
これは面白い。
子供に見せたら、スターになれるかも。(笑)


時を思い

 人は時に縛られて生きています。
何をするにも時と共に進み、また時を待つと云う事があります。
その時を外すと、大失敗に繋がります。
時に縛られて仕舞うのはとてもつまらないですが、時を上手く使う事は、生きる上での大切な知恵ですね。

 これは、ハリー・ポッターの第3作「アズカバンの囚人」でハーマイオニーがしているネックレス。
時を遡ることが出来る重要なアイテムです。
これで本当に時を遡れたら、ちょっと面白いですね。


魔法学校

 昨日は月例会で、その前日から新しいiMacの設定の為にお休みしました。
まだまだ古いiMacも現役ですが、そろそろIntel搭載のMacも落ち着いた様ですので、新しく買いました。

 月例会は、また霊能者の集会の様になりました。
ますます、魔法学校が現実に近づいた様な気分です。

 で、今日は本当の魔法学校ホグワーツで行われた、ホグワーツ・ダームストラング・ボーバトンの三大魔法学校で争われる伝統ある対抗試合(TRIWIZARD )で選ばれた4人の杖です。


元祖 おばけ探知機

 以前にもご紹介したおばけ探知機「ゴースト・レーダー」ですが、実はその前に元祖がありました。
ネック・ストラップが付いていて、もう少し大型です。
16マスのLEDが点滅して、センサーの精度もこちらの方が高そうに思えます。

 しかし、霊を探知してどうしましょう?
逃げますか?
それが一番ですね。
生兵法は怪我の元です。


まだ頑張っているのですね

 大分以前、テレビでしょっちゅう顔を見ていた人、UFOと云えばこの人と云う矢追純一氏、まだ頑張っていたのですね。
確かどこかの局のディレクターをされていて、特番でUFOを扱い、ミイラ取りがミイラになって仕舞って、専門家になって仕舞ったと云う話ですが。
暫く顔を見ないと思ったら、出て来ました。
ってお化けじゃないんだから。(笑)

 彼が監修したと云う、この「UFO探知ストラップ ユータンレーダー」、やっぱり笑えますね。
宇宙人グレイのフィギアが何とも可愛いと云うか不気味と云うか。(笑)


憧れのヒーロー

 ずっと昔、私が小学校の頃にウルトラマンが登場しました。
それから数十年、今でもシリーズが続く事は驚きですね。
ウルトラマン、ウルトラセブン、帰って来たウルトラマン、ウルトラマンレオ、等々と続いて来ました。
遠い昔の憧れのヒーロー達は、今でも心の中に生きています。

 これは、そのヒーロー達をボールペンやシャープペンにデザインしたものです。
初めて見た時は、引き込まれました。
こうして見ると、とても良いデザインですね。



 これ以外にも、ウルトラセブン、仮面ライダー、ジャイアントロボ、鉄人28号、マジンガーZ、マッハGOGO、エイトマン等があります。

人工知能

 子供の頃からロボットなど、映画の世界で人工知能を持ったものが登場し、憧れて来ました。
先にご紹介したロビー・ザ・ロボットや、フライデー、R2D2、等のロボットが段々と現実に近づいて来ています。

 アシモフなどの高額なものもありますが、玩具の世界でも人工知能を持つと言っても良いかもしれないと思えるものが増えて来ました。
まだまだ玩具の域を出ませんが、それはそれでユニークであり、楽しめますね。

 そんな中で特にユニークなものを。
恐竜なんてどうでしょうか?(笑)


大きな起上り小法師

 現代の生活は、どうしても運動不足になりますね。
ジムへ行く時間もなし、走ると言ってもねぇ~。
ストレスは溜るし、身体も段々と鈍って来るし、どうしましょう?

 って訳で、今日は大きな起上り小法師を。
殴って、蹴って、それでも起き上がって来ます。
かなり運動になると思います。
ストレス解消にもなると思いますよ。
空気が入れて使うので、手や足を痛める心配もありません。



 もっと本格派の方、格闘技や空手をやっている方はこちらを。


時のロマン

 「時」と云う言葉には、ロマンチックな響きがありますね。
一秒、一秒を刻む時計は、現在はクォーツが主流となり、電波時計も幅を利かせていますが、昔ながらの機械式時計を愛する人が沢山いるのは、時を刻む音がもたらしてくれる、ロマンと夢の様に思います。

 この時計、何だか良いでしょう?
形もユニークなら、そのレトロさと美しさが微妙なバランスを取っていますね。
毎正時に打つ時報も聞いてみたいと思います。

ホグワーツ

 最近、霊能者と云うか、霊感や霊能力のある人達が集って来ています。
アマチュアで、自覚していなかったり、コントロール出来ていない霊能者は、色々な問題に遭遇して仕舞います。
ですから、自分の持つ能力を自覚し、またコントロール方を覚えないといけません。
私が教えている護身法や、その他の法、また哲学は、人としてどう生きるかと云う事と同時に、法力や霊能力のコントロールと自身の自覚を促します。

 この調子では、どんどん霊能者が集って来そうです。
将来は、ハリー・ポッターの映画に出て来ているホグワーツ魔法学校を作りましょうか。(笑)


全ての能力

 どうもあまり嬉しくない事件のニュースが、子供の問題として良く取り上げられて報道されています。
学校の責任、家庭の責任、社会の責任、等々と一面的に意見を述べる方も多いですが、そんな簡単なものではないでしょう。

 どこに問題があるにしても、子供達の感性が画一的であり、情緒が不安定で、また鈍いと云う事が言えると思います。

 子供は、無限の可能性があります。
その可能性の為に、まず感覚や感性や情緒を育ててあげる事が第一歩だと思います。

 このゆりかご(?)は、子供を刺激する玩具の溢れていて、大人が見ても何だか楽しそうに見えます。
一つ一つを検証して行くと、子供の可能性にアプローチしてくれるかもしれないと思わせてくれます。


禁断の惑星

 1950年代にSFの金字塔、「禁断の惑星」と云う映画がありました。
2,200年代の宇宙移民を題材とし、そこで起きる冒険とミステリーのお話でした。
シェークスピアの「テンペスト」を題材にSF化したと云われ、その後のSFに大きな影響を与えて映画でした。

 この映画で一躍世界的に有名となったロボットがロビー・ザ・ロボットです。
後に、スピルバーグのグレムリンにも出演し、今でもファンは数多くいます。

 このロビーは、映画のセリフをしゃべったり、頭や胸の部分が光ったりするトーキング・フィギアで、オリジナルの忠実な復刻版です。


かまくら

 冬になるとかまくらを思い出しますね。
雪を固めて、その中に炬燵を入れて・・・。
と云っても、私はかまくらのある地方の出身ではありませんが、何となくそんなイメージを持っています。
かまくらって、ロマンチックですね。

 今日のご紹介は、そんなイメージの灰皿です。
でも、これってかまくらと云うよりも、エスキモーの氷のドームに似てませんか?
見て、思わず笑いました。
ロマンチックで、しかしどこかユニークで。


強い男

 男は誰でも強さに憧れを持ちます。
中にはそうでない人もいるでしょうが、大抵の男性はそうではないでしょうか?
ですから、映画でも強い男性を描いたものには人気が集ります。
アーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスター・スタローン等はその代表格ですね。

 特にスタローンのランボーは、一つの社会現象にもなり、あのシリーズは、とてもセンセーショナルでした。
ベトナム戦争の生き残りの特殊部隊出身の一人の男性の活躍を描いたものでしたが、また新作が公開されるとの事、楽しみですね。

 このナイフは、そのランボーで使われた物です。
強さを感じさせるそのフォルムは、とても魅力的ですね。

お客の使う物に心を込めて

 どこの家でも必ずと云って良い位に一つはあるのが、靴べらです。
特に革靴を履く時、靴の後ろを傷めない為に使われます。
が、そのデザインや質はピンからキリまであります。
大きさもマチマチです。

 しかし、大切な来客がある時、帰りにお使い戴く事を考えると、安っぽい物はやはり使いたくないですね。
何気なく、絶対に使うものだからこそ、最高の物を用意しておきたいものだと思います。
見せびらかせる様にお客に出すのではなく、当り前の様にさり気なく使って戴けるものが最高の贅沢であり、心遣いではないでしょうか?

仏ファイエ社 オークシューホーン

風邪の予防

 寒くなって来ましたね。
これから、乾燥が始まる時期になります。
夏風邪は湿度が70%近くになった時、冬の風邪は湿度が50%を切ると罹り易くなると言います。
湿度の調節は大切ですね。
それに、湿度を上げると不思議と体感温度が高まり、何となく暖かく感じます。

 ハイテクな加湿器が色々とバラエティー豊かに売られていますが、水道水を使っていると、含まれているカルキが固まって仕舞って、すぐに壊れて仕舞ったりします。
この加湿器は、とても単純な構造です。
値段も安く、製造元ものど飴や風邪薬で有名なヴィックスです。
無駄を省いたからこその良さもあると思います。

ヴィックススチーム加湿器 V80N

男の覚悟

 日常の道具を、いざと云う時の為に武器として使う意識を、武道を修める過程で学びました。
世界一安全と言われた日本も、今は昔。
曾ての戦国時代と同様とまでは言い過ぎですが、身を護る術を身につけておかなければならない国になって仕舞いました。

 鉄扇は、日用道具としての常に懐に入れておける武具として、戦国時代より用いられて来ました。
刀を持ち込めない場所にも持ち込む事の出来る武具として、武士達は常に携帯していたと云います。

 いざと云う時の護身具として、また古き武士の心として、持っていても良いかもしれないですね。

侍の魂を持つ男の護身用八寸鉄扇

現代に甦る武士の護身具「鉄扇」三日月臙脂

ミュータントと人間

 人は創成以来、ずっと争いをして来ました。
これからもそれは変わる事がないのでしょうね。
スター・ウォーズなどのSFを見ていても、常に戦闘は付き物ですからね。

 このXーMENも、人間とミュータントが争うと云う映画です。
第3作目となるこのDVDは、その最終章となります。
人間にとって、特殊能力を持つミュータントは、やはり人間ではないのでしょうか?
別の生き物なのでしょうか?
同じ様に、特殊能力を持つ超能力者や霊能者、訓練をしてそう云う力を身につけた人達は、やはり同じ様に見られて仕舞うのでしょうか?

X-MEN:ファイナル ディシジョン 特別編 [初回生産限定]

格好良い男

 この映画の第一弾、パイレーツ・オブ・カリビアンを観るまでは、ジョニー・デップの人気の秘密が分りませんでした。
それ程、良い男とは思わないし、何か独特の雰囲気はありそうだけど、どこが良いのかな?と。
しかし、映画を観て、納得しました。
と云うよりも、感動しました。
とても才能のある、そして格好の良い男だと。

 この第2弾、とても楽しみですね。
彼のどこか崩れた、しかし独特のスタイルがとても魅力的です。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャルエディション

似てる?

 ずっと以前、小さな子供にルパン三世に似てると言われた事があります。
それ以来、何だかとても似ている様な気が、自分でもしています。(笑)

 このアニメも長いですね。
1971年の放映から、もう40年。
途中でモノクロからカラーに変わったり、声優が山田康雄亡くなって交代したりと、変化はしていますが、ずっと長く人気を誇っています。

 毎回、毎回、とても楽しみに観ていますが、監督した人の中には宮崎駿や鈴木清順など錚々たるメンバーもいるのですね。

LUPIN THE BOX-TV&the Movie-(初回限定生産)

壮大なドラマの原点

 ガンダム・シリーズと云うものを御存知でしょうか?
1979年に始まったテレビ・アニメが、現在もシリーズとして続き、その壮大なドラマは大きく広がり、またファンも増え続けています。
若き戦士達の成長と戦いを描くこのアニメは、どこかほろ苦く、悲しくもあり、美しくもある、見応えのあるものでした。

機動戦士ガンダム DVDーBOX1 先行予約特典セット【完全初回限定生産】

ドラゴンボールの原点?

 DVDの御紹介が続いています。
今日は、ドラゴンボールの原作者である鳥山明氏の、もう一つの人気アニメです。
これは、ドラゴンボールの原点とも取れるもので、ドラゴンボールでも何度か登場していました。
この世界観が、とてもバカバカしくもあり、このナンセンスさが何とも言えず楽しめました。

Dr.スランプ アラレちゃん DVDーBOX SLUMP THE BOX んちゃ編

アメリカ版の仕掛人

 1983-1987までアメリカで放映されたTVのドラマがありました。
曾てベトナムで活躍した特殊部隊AーTeamが、悪を粉砕する為に不可能を可能にして活躍するドラマです。

 特殊部隊と云えばグリーン・ベレーやシールズが有名ですが、チーム毎に名前がついていたのです。

 痛快無比で、ジョークあり、アクションありの、とても面白いものでした。
こう云う仲間が欲しいと思ったものでした。

特攻野郎Aチーム シーズン1、2パック(初回限定生産)(DVD) ◆20%OFF!

官僚主義

 DVDシリーズを続けます。
日本は昔から御上絶対主義があり、それは今でも変わっていません。
昔で云えば、大名や幕府に仕えてこその武士であり、それ以外は武士とは云えども浪人するしかありませんでした。
今でも、国家や地方自治体に勤める事は、安定職の代表格です。

 しかし、いつの時代にも、どこの場所にも、反骨精神のある人間はいるもので、いつも上とぶつかり、逆らってばかりと云う者も沢山います。

 このドラマは、誰を主役と云うよりも、湾岸署員全員、そしてキャリアの室井を主役として、その人間関係の関わりを主題にした、現場対キャリアと云う、常にどこにでもある問題を浮き彫りにした、とても面白いものです。

 最初は私も単なるトレンディー・ドラマの類いだろうと思っていたので、あまり興味を持ちませんでしたが、ある時に再放送を見て、はまりました。
それからは、DVDを全部集めて見ていました。

 湾岸署の青島刑事を演じる織田裕二が出演しなくなってから、ブームが去った様に思えますが、それでもシリーズとしてのサイド・ストーリーが映画化され、大きな反響を呼んでいます。

踊る大捜査線 COMPLETE DVD-BOX

男としての理想像

 人は、こうなりたいと云う理想の人間像と云うものが持てたら、色々な意味でモチベーションが保てると思います。
男として、誰を理想の男性像として捉えるかと云うのは、とても難しい事です。
歴史上、また世界中に、多くの偉人・賢人がいて、誰を自分の目標とするか、簡単には決まりませんね。

 表面だけの業績や、偉業だけを見て行くと、偉い人は幾らでもいてとても難しいですね。
ですが、一人の男性として見て行った場合、仕事が出来る、強い、優しい、懐が深い、酒が強い、知識が広い、女性に持てる、等々と云う要素を兼ね備える事が出来たら、男性としては理想ではないかと思います。

 それが池波正太郎の原作で生れた鬼平犯科帳の主役である長谷川平蔵と云う人物像として描かれています。
TVでは、中村吉右衛門の主演で、とても上手く、魅力的に演じられていますね。
このシリーズは、とてつもなく長く、池波正太郎氏が亡くなるまで続きました。
が、現在もファンは多く、私もその一人です。
ある意味での男性の理想像として、また時代劇と云う中から学ぶ事の出来る題材の沢山あるドラマとして、とても好きなシリーズです。

鬼平犯科帳 第1シリーズ DVD-BOX

加齢

 年を重ねると、幾ら元気な人でも段々と肉体的・精神的に変化して来ますね。
疲れ易くなったり、少しお腹に脂肪が乗ったり、足腰が弱ったり、目が怪しくなったり、そして頭髪が白くなったり薄くなったり。

 私も若い頃は徹底して鍛えたので、同じ年齢からすると肉体の衰えは少ないと思いますが、それでも20代30代と比べると変化して来ます。
これから、若い頃の肉体に戻そうとすると、あの頃の2倍3倍のトレーニングをしないと不可能でしょうね。

 私は頭髪は多過ぎて困った位で、お陰様で今でも少し白いものが混じる程度ですが、やはり薄くなる人も多く、悩みの種になっている様ですね。
良い年の重ね方には、薄くなる事も含まれると思いますが、着る服が限定されたり、年齢以上に年を取っている様に見られたりと、不自由な事もあるかと思います。

 このヘア・ケアは、実際に使って何となくだけど変化が顕れたと云う評判を聞いています。
成分を見てみると、確かに危険性もなく、有効性もある様に思えます。
何よりも、あまり酷い臭いがしないのが良い様ですね。
即効性は当然ながらないでしょうが、ケアと云う意味では良さそうです。

【送料無料】薄毛・抜け毛でお悩みの方向けヘアケア用品!薬用育毛剤「柑気楼」お試しミニボト...

脱力系

 見ていると、それだけで力が抜けて仕舞うものってありますね。
言葉を変えれば、癒し系だったり、和み系だったりと言いますが、とぼけた風貌や、突っ込みたくなる様なバカバカしさが、固くなった心を解してくれます。
そんなキャラクターは、いつの世でも人気を得ていますね。
疲れる日常には、そう云うものも必要なのだと思います。

 今日のキャラクター商品は、まさに脱力系です。
いつ光るか分らない目を持った気まぐれさと、その風貌は、やはりどこか癒される気がしますね。

たま~に光る?きょうもいいことアル・カモーネキーチェーン(アル・カモーネ)

たま~に光る?きょうもいいことアル・カモーネキーチェーン(ダメ・カモーネ)

薩摩と云えば

 薩摩と云えば薩摩焼が有名です。
私の御先祖様の愛した陶磁器で、決して現代的ではありませんが、味わいのあるものです。

 歴史は古く、およそ400年前、朝鮮出兵(文禄・慶長の役
1592~98)に出陣した島津家第17代島津義弘(私の御先祖様の次の代ですね)が朝鮮から陶工達を連れ帰ったことに始まります。

 今日、御紹介する薩摩焼は、最高の物とは言えないですが、一般的に使うには充分なものだと思います。

煎茶器 (萩文) 湯冷まし・湯呑5個付き
プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry