ラジオ

 ずっと昔、毎晩の様に深夜放送を聴いていました。
受験勉強の時、聴き入って仕舞って勉強にならなかった事もありました。(苦笑)
オールナイト日本などは、良く知られていますが、笑福亭鶴光や中島みゆき、カルメンなどが記憶に残っています。

 最近はビジュアルの進化でラジオを聴く人が減っているのでしょうか?
私もここ暫くはラジオを聴く機会が殆どと言って良い位にないですね。

 でも、こんなラジオだったら、また聴いてみるかもしれないと思いました。
マスコットになるし、何だか可愛くて、身近な感じがします。

FMおさるラジオ♪HAPPY MONKEY カラー:ブルー【20061027祭10】
スポンサーサイト

憧れ

 以前にも御紹介したデザイナーズ・チェアのミニチュア・コレクションの第3団が出ました。

 一流ホテルやオシャレなお店に出かけると見かける素敵なイスは憧れでした。
あんなイスに座って絵になる人間になりたいと思ったものです。
やっぱり、格好の良い、オーラのある人間でhないと似合いませんからね。
少しは私も似合う様になったでしょうか?

さらに出ました!9種類のデザイナーズミニチュアコレクション♪【第三弾】

夜行

 御存知の様に私はどちらかと云うと夜行族です。
夜になるほど元気になります。(笑)
と云って、夜な夜な遊びに行く訳ではなく、色々と仕事をしているのですが。
どうも、日の高い間は調子が出ないと云うのは冗談ですが、夜の静けさが私はとても好きです。

 夜は、昼間とは違う動物達が活動しています。
幽霊もその一つと言いたい所ですが、幽霊は別に夜でなくても出て来るので。(笑)
夜行動物と言えば、野生の犬や猫、そして梟ですね。

 梟はハリー・ポッターでも登場していましたが、知恵の象徴であり、古代中国では守り神でした。
あのユニークな姿と、飛ぶ時に音のしない事から、とても不思議な雰囲気を醸し出す鳥ですね。

 その梟が、夜に目を光らせて玄関に止まっていたら・・・。(笑)
不気味でもあり、でもロマンチックでもあり。
そんなソーラー・ライトのオブジェです。

幸せを呼ぶソーラーライト付リアルふくろう

安全運転

 毎日の様に自動車事故のニュースが流れ、飲酒運転の報道があります。
この20~30年で、日本の自動車は劇的に増えた様に思うのは気のせいでしょうか?
昔は自家用車を持つ事自体が一つのステータスで、憧れの車があって、いつかは手に入れたいと願っていたものです。

 ですから、運転自体もどこか優雅な感があり、無謀な運転をする人間は一部のバカか、レースを志している者か、あるいは物凄く急いでいる人に限られたものです。

 これだけ自動車が増えると、夜の運転や、雨の運転は気を遣いますね。
両方が重なると、ベテランでもとても慎重に運転しなければ怖いですね。

 このミラー・バイザーは、ずっと昔からありました。
最近、パーツ・ショップでも見かけなくなったのでなくなったのかと思っていたら、復活したのですね。
サイド・ミラーに熱線が入っている車は良いですが、ついていない車は、高速を走らない限りは結構水滴が飛ばないでミラー面に残り、見難かったりするものです。
家で云えばひさしの様なものですが、これを付けたからと云って完全に雨を防ぐ事は出来ませんが、かなり改善される事は確かです。
安全運転の為には、こんなものも便利ですね。

レインプロテクト ドアミラーバイザー2枚組

我がスイスの至宝

 スイスと云えば時計と思っておられる人が多いのですが、スイスには優れたものが他にも沢山あります。

 オルゴールをはじめ、かのダンヒルもライターはスイス・ダンヒルが一番品質が良いと言われています。
また、化学製品、特に薬品についてはスイスで開発された新薬が世界に広がり、世界中のVIP達が集る健康の為の特別な病院まであります。

 このカランダッシュもその一つで、色々なファッション・アイテムやライターなど、素晴しいものを数多く出しています。

 これは、創業80周年を記念した限定品で、その姿は気品に溢れている様に思います。
こんなペンで字を書いたら、少しは上手く書けるでしょうか?

カランダッシュ 80周年記念モデル エクリドール ボールペン

遠き子供の頃の思い出

 ずっとずっと昔、私が小学生だった頃、伊勢の海でカニを取って喜んだ思い出があります。
消極的で、引っ込み思案で、虐められ子だった私(今となっては誰も信じてくれませんが(笑))も、その時はやたらとはしゃいでいた覚えがあります。
子供にとって、潮干狩りやカニ釣りは大人になっても思い出として残るイベントなのですね。

 そんな昔を思いながら見ていたら、思わず爆笑して仕舞いました。
見て戴ければ説明不要。(笑)
バカバカしいと云うか、何と云うか・・・。

現代版カニ取り器 カニトリーナ

19世紀の音がするでしょうか?

 スペインのバルセロナには、有名なアントニオ・ガウディーの建築があります。
「グエル邸」「グエル公園」 「カサ・ミラ」「カサ・パドリョ」そして有名な「サグラダ・ファミリア」
彼は、カタルーニャ地方独自の文化を作り出そうとしたモデルニスモの代表格です。
彼の作った、このベル、カタルーニャの音がするでしょうか。

ガウディが残した幻の音色 カテナリーベル

一杯の贅沢

 珈琲と云うのは、最近ではどこでも飲める様になりましたし、簡単に手に入る様になりましたが、元々は人を癒す為の薬でした。
嗜好品の多くはそう云うものが多いのですが、特に珈琲はその独特の香りと味から、深く愛する人が多いですね。

 一杯の贅沢。
芳香を味わい、一口毎に心を満たして行くのが珈琲だと思います。
私の様に水代りに飲んでいては、そんな時は少ないですが、それでも本当に珈琲によって癒される事が良くあります。

 今日の逸品は、本物のエスプレッソを家で淹れる事が出来るマシーンです。
その独特の形と云い、見ているだけで楽しめる気がしますね。

【送料無料】ラ・パヴォーニエスプレッソマシン「PROFESSIONAL TYPE PRH」 【プレでんき0912】

幻の桃

 西遊記と云う物語を御存知でしょうか?
三蔵法師が、孫悟空・猪八戒・沙悟浄を伴って、お釈迦様の経典を取りに天竺まで行って帰って来る話です。

 大分以前に夏目雅子主演でテレビでやりましたね。
最近では香取慎吾が出演した西遊記もやっていました。

 その中に、寿命が伸びる桃と云うものが出て来ます。
神界において、許された者だけが食する事が出来ると云う桃です。
これが、後で大問題となるのですが、そこは本を読んで下さい。

 そして、今日はその桃を取り上げます。
蟠桃と云う名で、実際に存在しています。
日本ではとても数が少なく、幻の桃です。
不思議な形をしていますが、私も過去に一度だけ手に入れた事がありました。
今年の予約は終って仕舞ったので、来年に期待です。

バラの花びらのような平べったい桃「温室蟠桃BANTO 500g」

お手入れ

 今日は打って変わって、お手入れ用の逸品です。
大切なモノは、大切にしたいですね。
気に入った靴や鞄、ソファーなど、革製品は特に年数が経つと革の油が切れて来て、手入れをしないとひび割れて来ますし、色も褪せて来ます。

 このラナパーは、皮革以外にも金属製品や家具にも使える優れものです。
カビ防止にもなりますし、良いですよ。
私の家でも愛用しています。

ドイツで生まれた究極のワンタッチレザーケアートリートメント!!類似品にご注意ください!!Trans...

これもフィギアですね

 東急ハンズなどに出かけると、実際に使われている道具のミニチュアが、それは見事に再現されている商品があります。
大工道具、キッチン用品、書道具・・・。

 今日の逸品もそんなものです。
好きな人には堪らないでしょうね。
これもフィギアです。
しかし、本当の技術で、本当の作り方をすると、ここまでクォリティーが高いのですね。

剣道之魂・ミニチュア竹刀大小二本揃え

光の演出

 ホテルなどに行くと、間接照明の使い方が絶妙で、独特の雰囲気を出している場所があります。
光の演出は、時に人を癒し、時にモチベーションを上げ、時には戦略として使われます。

 洒落た照明器具があると、それだけで部屋そのものが素敵な演出をしてくれるものです。
照らすだけの道具から、雰囲気を作り、心や身体に作用する道具へ進化したのが現代の照明器具ですね。

 そんな意味から、今日はスタンド・ライトです。
照明器具であり、オブジェであり、シンプルとモダンを併せ持つ、とても洒落たデザイン・コンセプトだと思います。

住まいの中心に光のオブジェをレイアウト!一枚のプラスチックシートを折り曲げてできるシェー...

Simple is Best

 デザイナーって、時々、独り善がりをする時がありますね。
使う側の人間やマーケットの現場、社会情勢などを意識しないで、頭の中だけで絵を描いて仕舞う事に大きな間違いを起す事があると思います。

 昨日も御紹介した小牟田君は、販売の現場に行き、社内の部署を回り、多くのユーザーの声を聞き、それをデザインのディレクションに反映させました。
その結果が、彼の大きな実績に繋がっています。

 無駄なものは排除し、しかし、計算し尽くした無駄を敢えて取り込む手法は見事でした。
不思議な事に、全く実用性のない無駄なものが大ヒットすると云う事があります。
その無駄が、人間の感性を刺激し、想像を喚起するからでしょう。
同時に、可能な限り無駄を排除する事で、意識を集中させる様に誘導すると云う手法もあります。
そう云う意味では、彼の仕事は見事としか言えません。

 今日の逸品は、吉岡徳仁氏によるデザインの時計です。
見事ですね。
極限までシンプルであり、同時に、適度な無駄を感じさせてくれます。
この絶妙なバランス、良いですね。

 もし小牟田君が吉岡徳仁氏とコラボレートしたら、凄いものが出来そうな気もしますね。
個人的な思いですが。

吉岡徳仁デザインのTOシリーズのメタルバンドモデルプレゼントにもおすすめ【送料無料】 腕時...

どこかで見た感じ

 私のブログやHPからリンクしていますが、小牟田君が曾てauでプロデュースした「INFOBAR」と云う携帯電話を覚えておられるでしょうか?
深澤直人氏によるデザインで、小牟田君がプロデュースし、携帯電話の世界にセンセーショナルを起して、時代を変えたものです。

 赤のボディに淡い紫色/淡い黄色/赤の数字キーを配置した“NISHIKIGOI(ニシキゴイ)”、黒色のボディに黒と白の数字キーを市松模様のように並べた“ICHIMATSU(イチマツ)”、濃紺のボディに数字キーはシルバーという“BUILDING(ビルディング)”の3タイプがありました。

 それを、このキーボードは思い出させてくれました。
質感や材質などは全く違うでしょうが、“ICHIMATSU(イチマツ)”を思い起こさせてくれたこのキーボードは、何だかとても新鮮に感じる事が出来ました。
彼は、やはり凄い事をやったのですね。
本人は未だにあまり自覚をしていないのが、良い所でもあり、問題でもあると思いますが。(笑)

白黒の洒落たデザイン、オセロキーボード(ホワイト)日本語 108キー 薄型キーボードオウルテッ...

嬉しくなる美味しさ

 お菓子って、子供でなくても何だか嬉しくなって仕舞いますね。私はどちらかと云うと洋菓子党で、時々ですがケーキを買って来たりしていますし、お気に入りのものも沢山あります。

 このプリンは衝撃的でしたね。
数年前、まだ百貨店などに並んでいない頃、相談者がわざわざ並んで買って持って来てくれたのが最初です。
あの頃は幻のプリンなどと言われたものです。
今はあちこちの百貨店で買う事が出来る様になったのは嬉しいですね。

 こう云うスィーツは、頬が弛みますね。
あ、また買いに行こうかな。

あの“なめらかプリン”の感動をお届けします・・・窯出しなめらかプリン(10個入り)

武士の心

 時代劇の舞台として、最も多く扱われるのは戦国時代ですね。
群雄割拠の時代、誰が天下を取っても不思議ではない逸材が揃っていた事は、驚きに値します。

 そうして歴史を思う時、必ず出て来る戦の場面があります。
見方によっては殺伐とした血腥いものでもあり、違う見方をすれば、武士の心が如実に解る場面でもあります。
互いに尊び、同時に敵として戦略を練る。
敵か味方かは時の流れと、運命の歯車次第。

 時代劇、特に戦国時代が好まれるのは、日本人の持つ血の中に、その時代の潔さや武士の心が息づいているのかもしれませんね。

 私の先祖も戦国武士であり、大名でありました。
それを誇りに思うと共に、そこに受け継がれて来た武士としての心は、人間道へと繋がると思い、修行をして来ました。

 ま、先祖は偉かった、と云う所でしょうか。(笑)
少しは御先祖様に近づける様に、修行しなければ。

 と云う訳で、今日は先祖を思い起こさせてくれる、鎧兜です。
勿論、これは現代の作であり、刀傷もなければ、血痕もありません。
最高の職人が作り上げた美術品です。
ですが、そこには戦国武士の意気が感じられます。
これを身に帯びて戦ったと思うと、何だか血が熱くなりますね。

赤糸威本大札大鎧

分解と組立て

 皆さんは、子供の頃に時計を分解した事がありますか?
後で組立て直す事など考えないで、バラバラにして仕舞った事が、私はあります。

 組み立てる玩具と云う意味では、レゴ等が有名ですが、最近では大人向けのものも色々と出て来て、郷愁を誘いますね。
でも、そうやってバラしたり、組立てたりする事で、普段何気なく使っているものへの理解が深まり、愛着が湧いたりする事もあります。

 今日のモノは、そんな組立てをする事で、モノへの理解を進めると同時に、発想と想像力を広げる知育玩具です。
玩具ではありますが、何だかロマンチックで、大人でも楽しめそうですね。

仏・メカノ社「タイムマシンクロック」

色とりどりの宝の箱

 皆さんは絵は上手でしょうか?
私は、ずっと昔に少しだけアルバイトでデザイン画を描いたり、イラストを描いたりした事がある程度で、絵画と云うものは学校の授業でやったくらいしかありません。
大学では、スケッチは腐るほど描きましたが。
自分で言うのも何ですが、あまり上手ではなかったですね。
64色の、水彩にも使える色鉛筆を使っていましたが。

 こんなものがあったら、もっと絵心が豊かになったかもしれないですね。
何だか凄いですね。
何でも揃っている様で、見ているだけで楽しくなって仕舞います。
木箱も迫力ありますね。
これを持っていれば、それだけで画家気分?(笑)

子供から大人まで使える画材セット!本格的な木製画箱入りで持ち運びもラクラク♪全211ピース『...

まだあるんですね

 かなり昔、中学生の頃からあるゲームですが、こんなものがまだ生き残っているのですね。
殆ど、スタイルも変わっていませんし、懐かしい感じがします。
レトロですが、仲間でやるゲームとしては、とても良いですね。
一挙に、心が通じると云うか、仲良くなれそうです。

NEWツイスター【計7350円以上で送料無料】

懐かしさのある

 昔、タイム・トンネルと云うドラマがあったのを覚えている人もいるかと思います。
科学者が作った、時空を超えて違う時代へ行く事の出来るトンネルで、そこで巻き起こる色々な事件や出来事を描いたSFでした。

 今日の時計は、そのイメージを彷彿とさせてくれました。
レトロと未来的が同居している様なこの姿は、何となく懐かしさを覚えます。

ディーゼルの顔!デザインケースに注目!DIESEL DZ4075

スター・ウォーズ

 大流行してブームとなったスター・ウォーズも、何だか中途半端で終って仕舞いましたね。
本当は後日談があった筈なのですが。
ただ、最初に映画化された3作から、先年の3作までの間が余りにも長過ぎましたね。

 第一作でアルバイトで大道具をやっていたハリソン・フォードが抜擢されて出演してから、彼は大スターとなり、それなりに年齢も重ねています。
あの頃の彼は若くて、生意気そうでしたね。(笑)

 そんなスター・ウォーズに、人間の言葉は話せないですが、とても優秀なロボットが出ていました。
R2D2と云うロボットを覚えておられるでしょうか?
あの、独特な音声(と云うのでしょうか?)が印象的ですね。
何だか、とても可愛く感じた覚えがあります。

 そのR2D2の、ゴミ箱が今日のモノです。(笑)
ゴミを捨てるのも、色々な方法があり、色々なデザインのものがありますが、ゴミが丸見えにならず、何となく可愛いこの姿は、案外違和感なく置く事が出来そうですね。

STAR WARS/ R2-D2 WASTEBASKET

世界旅行

 少し前にイギリスへ行って来ましたが、一度行くとまた行きたくなるものですね。
世界中、行きたい所は沢山あります。
観光目的でも、そこに行って、空気を吸って、触れて、食べて来ると、心で感じ取る事が出来ます。

 そんな事を考えながら、こんなDVDはどうでしょうか?
JTBが作った、ワールドガイドです。
世界中と云う訳には行きませんが、フランス、イギリス、イタリア、ドイツ、スイス、ギリシア、スペイン、アメリカ(ニューヨーク)、ハワイ、オーストラリア、中国、韓国を紹介したものです。
少しは行った気分になれるでしょうか?

JTBるるぶワールドガイド 12枚組BOX ◆20%OFF!

少しだけムーディーに

 秋も深まり、紅葉も始まろうかと云う涼しさになって来ましたね。
こんな時、少しムーディーな雰囲気を味わいたいものです。
と言って、どこかへ出かけるても人工的過ぎたり、遠かったりしますね。
たまには、そんな贅沢も良いですが。

 で、こんなものはどうでしょうか?
本来はガーデンライトなのですが、ベランダや窓際に置いてもロマンチックかもしれないですね。
ソーラーですから電源も配線も必要ないですし。
4色セットと云うのも良いですね。

[SALE]《ガーデンライト》ビスタ スタンドライト 4カラーセット

犬が犬を引っ張る(笑)

 今日のタイトルは、我ながら下手な洒落ですね。(苦笑)

 ペットブームと云われ、動物を飼っている人も多いですね。
一番多いのはやはり犬でしょうか。
ペット産業は数兆円の産業だと云われ、本当に驚くべき数の商品が街に溢れています。

 また、飼われている犬の種類も凄いですね。
私もシェパード、コリーを飼っていました。
今は大型犬よりも室内犬が多いでしょうか。
時代背景か、小さな犬の方が飼い易いですからね。

 忙しい時代、運動させる時間も侭ならず、夜に犬を運動させている方も多いでしょう。
そんな時、大型犬なら一緒に連れていて安心ですが、小型犬だったら、不安になる時はないでしょうか?
暗い夜道、犬と一緒でもやっぱり怖いでしょう?

 で、こんなものがありました。
ライト付きのリードです。
2.25mまで伸びるリードは巻き取り式です。
でも、何よりもデザインが犬の顔をしているのが笑えます。
で、タイトルの下手な洒落なんです。(苦笑)

DOG LEADER W/LIGHT Black(ドッグリーダー Wライト ブラック)【0929祭10】

宇宙への憧れ(2)

 昔、天気の良い夜に、良くドライブして相模原などの丘に行って星を見ていました。
当時、サンルーフのついた車に乗っていたので、望遠鏡がなくても仰向けになって星を見ていると、宇宙への憧れを感じたものです。

 東京では望遠鏡を持っても、天気が良くなければ中々星は見えませんが、それでも憧れです。

 この望遠鏡は、初心者でも扱い易く出来ています。
約30,000個の天体データが内蔵されていて、コントローラーでセットするだけで、その天体を捉えてくれます。
探すだけで大変な天体も、これならすぐに見る事が出来ますね。

【期間限定セール】MEAD ミード ETX-125ECJマクストフカセグレン光学仕様 天体望遠鏡ETX125ECJ...

宇宙への憧れ

 曾て、アポロ11号が月面着陸した瞬間の映像が、今でも私の脳裏には焼き付いています。
宇宙への憧れ、それは人類の永遠のテーマかもしれません。
無重力空間と云うものをTVを通じて、初めて人が眼にした瞬間だったと思います。

 それから数十年、現在はスペース・シャトルが飛んで、帰って来る時代になりました。
宇宙空間には無数の人工衛星が飛び、地球上を、宇宙空間をカメラで捉え、探査しています。

 そんな時代に生れたこのフィッシャーのボールペンは、今でも現役です。
無重力空間でも書けると話題になった独特の構造が話題になったのはもうずっと以前の事ですが、これを見る度に宇宙への憧れを思い出します。

★FISHER(フィッシャー)スペースペンスペースシャトルボールペン

絵画の様に楽しむ

 家には飾りが欲しいですよね。
家そのものが一つの絵画になっている様な素敵な家なら良いですが、殆どの現代建築は無機質で、飾りがなく、人間の温かみを感じません。
曾ての日本建築は自然との共存を考えて作られていますから、ふすまが絵画であり、床の間が一つの場になっていました。

 現代建築では飾りはどうしても必要不可欠な物になっていると思います。
皆さんはどんな絵画や飾りをしておられるでしょうか?
私も色々と書や絵画、オブジェやフィギアなどを置いています。

 そんな中で見つけた、絵画の様に楽しむ水槽。
これは良いなと素直に思いました。
自然との共存、そんなテーマでも、光を楽しむと云う事からも、癒し効果はありそうですね。
狭い日本のマンションでも大丈夫かも知れないと思うと、一つのインテリアとして、とても優れていると思います。

照明付超薄型曲線アクリル水槽アクアリウム インテリア[AQUARIUM INTERIOR]壁掛け・吊り下げ...

日本グランプリの前に

 今年のFー1は、どうやら最後まで優勝を争いそうな勢いで、凄い事になっていますね。
引退を決めたミハエル・シューマッハとフェルナンド・アロンソの世代交代と優勝を賭けた闘いは、これぞまさにFー1と云う素晴しいファイトです。

 今週の土日は鈴鹿での日本グランプリ。
色々な事情から来年は富士サーキットで行われる様ですが、テクニカルな鈴鹿でのレースは楽しみです。
トヨタやホンダ、スーパー・アグリなど、国産チームの活躍も気になりますが、ブリジストンとミシュランのタイヤ・ウォーズも注目です。

 そんな事を意識して、今日はフォーミュラ・カーのラジコンです。
フェラリー公認正規ライセンスの、何と全長66cmの特大のラジコンです。
これだけの大きさは迫力ですね。
部屋に飾ってもオブジェになりそうですね。
う~ん、良いですね~。

フェラリー公認正規ライセンスラジコン!全長66cm 1/7スケールの迫力リアルボディ!『F1フェラー...

話題になりました

 最近は時間がないのですが、以前は毎晩の様に仕事の後にDVDで映画を観ていました。
主に観ていたのは、SFやアクションが多いのですが、基本的には娯楽的な映画が好きです。

 ここ暫く、ハリー・ポッターやロード・オブ・ザ・リング、ナルニア王国などのファンタジーが流行りましたね。
また、昔からのテーマで、聖書やキリストに関係した映画は洋画では多いですね。

 この映画は、キリストの秘密を残したレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画にまつわるミステリーです。
大変興味深いのですが、私は映画館で観る事はあまりありません。
まず音が大き過ぎる事と、スクリーンの大きさ故に観辛いのです。
なので、大概の映画はDVDで観ています。
この映画も、しっかり予約しました。
ゆっくり自宅で観てみたいですね。
それに、特典ディスクや、他にも魅力ある特典がついているので、それも良いですね。

ダ・ヴィンチ・コード コンプリート・ボックス[3枚組]完全初回生産限定

進化

 これを読んで戴いている皆さんは当然ですが、PCをお持ちだと思います。
殆どの方は、Windowsでしょうか?
98から始まって、今はXPになっていますね。
私はずっとMacintoshです。

 その昔、最初に私が使ったPCはシャープでした。
まだハードディスクもなく、マウスすらなかった時代。
メモリーは64KBしかありませんでした。(笑)
カセットテープにプログラムを読み込ませ、毎回、立ち上げて使用する迄に数十分もかかったものです。
それでも、色々と使え、役に立ってくれました。
今のPCは殆ど全てが揃っており、本当に隔世の感がありますね。
驚異的な進化です。

 余程のマニアックな人や、仕事で使っている方以外は、PCは簡単であればあるほど良いですね。
また、一体型の方がスペースの問題からも良いと思います。
私もそう云う意味で、能力的にも完全とは言えなくても満足しています。(液晶フラット17inchのiMacを使っています)

 この新しいiMacも一体型ですが、また驚異的に進化しています。
詳しくはスペックを見て戴くとして、何よりも画面のサイズが24inch。
ホームユースには大き過ぎるかもしれないですね。
でも、とても魅力的です。
と言っても、Mac党にしか肯定して戴けないかもしれないですね。

【期間限定価格!】iMac 24/2.16GHz Intel Core 2 Duo MA456J/A + 1GBメモリ×2枚増設
プロフィール

島津成晃

Author:島津成晃
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。

(ここに掲載のモノは全てアフィリエイトです。写真をクリックして下さい。楽天のブログに繋がります。)
(重複した紹介記事があるかもしれませんが、その時々に気になった物を紹介しているので、ご愛嬌と云う事で許して下さい)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
twitter
adeptmentorをフォローしましょう
リンク
フリーエリア

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード ブログ登録・検索 Blog Entry